60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

ぶらり江の島 ~ 東京2020セーリング競技会場

先日、藤沢駅前に車で行った帰りに、江の島に寄ってきました。

 

今まで、何回か江の島を紹介しましたが、島内の紹介は初めてです。

 

江の島島内は、西側が山になっており展望灯台や江島神社などがあり、海岸線は荒々しい岩場となっています。

 

東側は、湘南港が整備されヨットハーバーもあります。

 

今回、行ったのは、湘南港側になります。

 

東京2020では、セーリング競技会場となっている周辺です。

  

 

目 次 ⛵

  

江の島へ

藤沢駅から江の島へは、国道467号線を南に進み、国道134号線を右折します。

 

f:id:kirakunist:20210221234517j:plain

 

国道134号線を左折します。

 

f:id:kirakunist:20210221234544j:plain

 

江の島大橋へと直進します。

 

f:id:kirakunist:20210221234744j:plain

 

橋の上から、三浦半島を望みます。

 

f:id:kirakunist:20210221234825j:plain

 

写真の真ん中辺りの白い突起が「白灯台」、その右側がヨットハーバーです。

  

オリンピック記念噴水池

江の島に入り、「北緑地」から歩いて南側に進むことにします。

 

先ほど通ってきた江の島大橋です。

 

f:id:kirakunist:20210221234908j:plain

 

西側には、鎌倉・逗子方面を望みます。

 

f:id:kirakunist:20210221234940j:plain

 

「北広場」には、「オリンピック記念噴水池」があります。

 

1964年に開催された東京オリンピックでも、ここ江の島がセーリング競技会場でした。

 

その開催を記念して作られたものです。

 

中央に江の島弁財天像、周囲には古代ギリシャの女性像など計5つの像からなっています。

 

f:id:kirakunist:20210221235104j:plain

 

f:id:kirakunist:20210221235131j:plain

 

今まで、江の島には何回も来ていますが、この池のことは知りませんでした。

 

ヨットハーバー

北緑地から南に行きます。

 

「しらす問屋とびっちょ」(海鮮料理店)の本店です。

 

f:id:kirakunist:20210221235205j:plain

 

海鮮料理・海産物店などです。

 

f:id:kirakunist:20210221235239j:plain

 

土曜日の昼時ということもあってか、結構な人出です。

 

左手にヨットハウスが見えてきました。

 

f:id:kirakunist:20210221235331j:plain

 

窓には、1964と2020のマストが飾られています。

 

f:id:kirakunist:20210221235411j:plain

 

手前のヨットの奥がヨットハーバーです。

 

f:id:kirakunist:20210221235455j:plain

 

白灯台(湘南港灯台)

さらに南東に位置する「白灯台」へと向かいます。

 

湘南港の堤防の端にあります。

 

f:id:kirakunist:20210221235532j:plain

 

奥が三浦半島、右側は相模湾です。

 

この日は、海がしけっていました。

 

コロナがなければ、昨年の夏に、この海原でセーリング競技が繰り広げられていたはずでした。

 

f:id:kirakunist:20210221235622j:plain

 

白灯台です。

 

f:id:kirakunist:20210221235701j:plain

 

こんな近くに来たのは初めてです。

 

海は、いいです。

 

 

セーリング競技会場の整備工事は、現在も行われているようです。

 

f:id:kirakunist:20210221235736j:plain

 

新型コロナ感染症、そしてオリンピックは、今後、どのような展開をたどるのでしょうか。