60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

主夫のレシピ帖 Vol.57 牡蠣と水菜の鍋焼きうどん

今日は、寒さが幾分和らいだものの昨日までは凍えそうな寒さでした⛄

 

新潟や北陸では記録的大雪だったとのこと。

 

ブログで、積雪で車が埋もれてしまっている写真などを拝見するたびに、

 

雪の多い地域で生活されている方々のご苦労に思いを馳せております。

 

こちらの地方では、最近では雪がほとんど降ることが無くなってしまいましたが、

 

それでも、今年の冬は寒いですね。

 

昨年の暮れに寝室用に購入したデロンギのオイルヒーターも連日、稼働しています。

 

そして、「鍋焼きうどん」

 

昨冬は、暖冬だったためほとんど出番がありませんでした。

 

www.kirakunist.com

 

今年は、毎週のように活躍しています。

 

毎週、いや、毎日食べても飽きないと思いますが、

 

たまには、違った具材にしてみましょう😉

 

 

ということで、

 

今回の主夫のレシピ帖は、

 

Vol.57 「牡蠣と水菜の鍋焼きうどん」です。

 

 

といっても、レシピ的には

 

「天ぷら」の代わりに「牡蠣」を、

 

「ほうれん草」の代わりに「水菜」を入れただけですけど😆

 

 

本日のメニュー(目次)

  

用意するもの(1人前)

具材

  • 水‥300cc              
  • うどん‥1玉
  • 生食用牡蠣‥お好みの量
  • 水菜‥お好みの量
  • 卵‥1個
  • 長ネギ‥少々
  • えのき‥少々

 調味料

  • 麺つゆ(3倍濃縮)‥大2
  • 和風顆粒だし‥小1
  • うま味調味料‥適量
  • みりん‥小1
  • 料理酒‥小1

 

作り方

①具材を用意します。

 

f:id:kirakunist:20210113001723j:plain

 

②一人用土鍋の中のお湯に、うどんを入れ、ひと煮立ちしたら、水菜の茎、えのきを入れて茹で、調味料を入れて煮込みます。

 

f:id:kirakunist:20210113001756j:plain

 

③次に水菜の葉の部分を入れ、最後に蠣を入れて、軽く茹でます。

 

f:id:kirakunist:20210113001830j:plain
f:id:kirakunist:20210113001852j:plain



④卵をぽちょんと落し、長ねぎを入れて、火を止めて土鍋の蓋をして1-2分蒸します。

 

f:id:kirakunist:20210113001956j:plain
f:id:kirakunist:20210113002019j:plain


(1~2分経過)

 

おまちどおさま~(^^♪

 

「牡蠣と水菜の鍋焼きうどん」 一丁!

 

f:id:kirakunist:20210113002727j:plain

 

食べてみます。

土鍋の蓋を開けてみましょう。

 

f:id:kirakunist:20210113002232j:plain

 

アップです。

 

f:id:kirakunist:20210113002258j:plain

 

牡蠣がプリプリしています。

 

つゆです。

 

f:id:kirakunist:20210113002324j:plain

 

牡蠣のコクが出ているんでしょうね。

 

プリプリしている牡蠣です😄

 

f:id:kirakunist:20210113002352j:plain

 

水菜です。

 

f:id:kirakunist:20210113002425j:plain


では、いただきま~す。

 

f:id:kirakunist:20210113002454j:plain

 

 

(パクッ)

 

 

ほふっ。

 

 

おいひいっ💕

(「おいしい」と言っているそうです🧐)