60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

主夫のお昼ご飯。 ~ オーマイ デミグラス仕立て「濃い ボロネーゼ」 いつもよりちょっと贅沢なひとときを♪

f:id:kirakunist:20200108173302j:plain

今日は、午前中は、強い雨。

午後になると雨は止み、次第に日が差してきました。

 

風が強く、海も荒れていました。

 

****************************************************************

 

さて、今回の「主夫のお昼ご飯」は、

 

いつものスーパーで見かけたちょっぴり贅沢そうなレトルトパウチ。

 

黒を基調として、赤色を交え、更に金色の文字が輝く‥。

 

オーマイ デミグラス仕立て「濃い ボロネーゼ」です!

 

f:id:kirakunist:20200105224514j:plain

 

メニュー(目次)🍝

 「濃い ボロネーゼ」とは?

上質さと濃厚さにこだわった“濃い”パスタソース。

 

パルメザンチーズ、赤ワインの風味を効かせて、じっくりと煮込み、コく深く仕上げました。

 

濃い美味しさで、いつもよりちょっと贅沢なひとときを‥

 

と、レトルトパウチには印刷されていました。

 

期待が持てそうです。

 

ちなみに、「ボロネーゼ」は、玉ねぎなどの香味野菜をオリーブオイルで炒め、肉とワインを素材として合わせたソースのことです。

  

主夫の一工夫

今回の“濃い”ボロネーゼは、写真を見ていただければわかるように、かなり「濃い」感じがします。

 

したがって、「主夫の一工夫」で入れる具材は、「濃い」の反対を行く「あっさり」の茄子とします。

 

いろいろな具材を入れると、ゴチャゴチャになりそうですので。

 

作ります。

まずは、茄子の調理からとりかかりましょう。

 

茄子を適当な大きさにざく切りにして、電子レンジで2分加熱します。

 

フライパンに、オリーブオイルをしき、ガーリックパウダーを振りかけ、塩コショウしながら炒めます。

 

f:id:kirakunist:20200105224738j:plain

 

パスタを茹でます。

 

f:id:kirakunist:20200105224900j:plain

 

 

 

濃いボロネーゼの中身を見てみたいですよね?

 

 

 

こんな感じです。

 

 

 

f:id:kirakunist:20200105224926j:plain

 

 

濃いっ!

 

 

濃いボロネーゼをラップして電子レンジで温めます。

 

茹で上がったパスタをお皿に盛り付け、

 

濃いボロネーゼをその上にかけて、っと。

 

茄子をトッピングして、

 

粉チーズをたっぷりと振りかければ、

 

ハイ!

 

「濃い ボロネーゼ」ガーリック風味の茄子を添えて♪

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20200105225010j:plain

 

(しまった! 茄子の切り方が小さかったな‥😅

  

食べます。

茄子も美味しそうですね。

 

f:id:kirakunist:20200105225116j:plain

 

ボロネーゼも、ホントに“濃い”感じですね。

 

f:id:kirakunist:20200105225146j:plain

 

では、いただきま~す。

 

(パクッ)

 

これは、濃厚♡

 

 

いつもより、ちょっと贅沢な気持ちになるなぁ~😄