60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

主夫のお昼ご飯。 ~S&B まぜるだけのスパゲッティソース「長崎 からすみ&バター」 異国情緒の味!?

君は早起きしたことが、さも得意そうに~♪

 

♪ ♪

 

僕の好物の カラスミを~♪

 

 

「カラスミ」なる食べ物の存在を知ったのは、1975年にリリースされたグレープの「朝刊」でした。

(曲を聴いたのは、リリース後10年位経ってからですが‥)

 

さだまさしさんが新婚の妻の様子を、愛情込めて表現した曲です。

 

当時、さだまさしの歌が好きというと「根暗ね~」とよく言われたものですが

 

彼の繊細で、人間の心の機微に触れる曲は、まさに「詩人」と言っても過言ではなかったと思います。

 

あれから、随分と歳月が経ちましたが、「カラスミ」を食べる機会はありませんでした。

 

まさかこのような形で、「カラスミ」と出会う日がくるとは思ってもいませんでした。

 

ということで、今回のお昼ご飯は、S&B まぜるだけのスパゲッティソース「長崎 からすみ&バター」です。 

 

f:id:kirakunist:20191206110547j:plain

 

メニュー(目次)♬

 S&B「長崎 からすみ&バター」とは?

茹でたスパゲティに混ぜるだけという商品は、各食品メーカーが競って開発していますが、「長崎 からすみ&バター」は、エスビー食品の商品です。

 

ソースは、バターにガーリックとさまざまな具材・調味料を加えたものであり、「長崎で加工されたからすみを使ったパウダー」をトッピングしていただくというものです。

主夫の一工夫


この手の商品は、具材がほとんど入っていないのが特徴で、何かしらを追加投入したいものです。

 

しかし、「カラスミ」なる食べ物を食べたことがないので、どのような味だか分かりません。

 

まぁ、カラスミは魚が原料ですので、えび・イカ・あさりのシーフードならばきっと美味しくなるでしょう。さらに、オールラウンドプレイヤーの「しめじ」を加えれば、期待に応えてくれるでしょう。

 

さらに、原料にはガーリックが使われているようですが、追加で「ガーリック」を加えれば、「ガリバタ」感が増すと予想します。

 

作ります。


それでは、さっそく調理にとりかかりましょう。

 

袋の中には、「バターソース」と「カラスミ」が入っています。

 

f:id:kirakunist:20191206110720j:plain

 

ソースは、こんな感じです。

 

f:id:kirakunist:20191206110806j:plain

 

カラスミは、こんな感じです。

 

f:id:kirakunist:20191206110831j:plain

 

まずは、フライパンで、シーフードミックスとしめじをニンニクを加えて、塩コショウしながら炒めます。

 

f:id:kirakunist:20191206110856j:plain

 

スパゲティが茹で上がったら、お湯を切り、フライパンに入れ、ソースをかけます。

 

f:id:kirakunist:20191206110944j:plain

 

よく混ぜ合わせます。

 

f:id:kirakunist:20191206111022j:plain

 

(まぜ、まぜ)

 

よく混ぜ合わせたら、

 

スパゲッティをお皿に盛り付け、

 

具材をその上に盛り付け、

 

「からすみパウダー&ねぎ」をパラパラっと振りかければ、

 

S&B 「長崎 からすみ&バター」

 ~ガーリック香る海鮮としめじを添えて♪~

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20191206111101j:plain

 

わおっ!

 

これは未知との遭遇😲

 

食べてみます。

からすみパウダーのアップです。

 

f:id:kirakunist:20191206111138j:plain

 

どんな味がするんでしょうね。

 

楽しみですね。

 

f:id:kirakunist:20191206111213j:plain

 

では、いただきま~す。

 

f:id:kirakunist:20191206111243j:plain

 

(パクッ)

 

あらっ! 想像以上に旨い♡

 

お味はいかが?

パスタ自体は、ガリバタ醤油系の味で、フォークが進みます。

 

カラスミは、食べたことがないので、どれがカラスミの味なのか分かりませんでした😆

 

全体に言えることは、これまで試してきた「混ぜるだけのパスタ」シリーズの中では、高いランクに位置付けていいでしょう。