60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

主夫のお昼ご飯。 ~味のマルタイ 「焼き 皿うどん」 お味は、どう?

9月のとあ~る木曜日にスーパーに行きまして♪ 、何か美味しい物が現れ~ないかと探していたら♬ 「味のマルタイ 焼き皿うどん」に出会いま~した♪

(なんのこっちゃか、わからないですよね(^^;)

 

f:id:kirakunist:20191009005548j:plain

 

斬新な袋のレイアウトに、一目で引き寄せられました。

 

まだ、その時は、「20円引き」のシールは貼ってありませんでした。

 

長崎皿うどん 40周年

 

晩餐館 30周年

 

おいしいコラボ企画!

 

袋に書かれた文字を見ているうちに、食べてみたくなります。

 

 

要は、この袋の中には、パリパリ麺とソースが入っているんだな‥。

 

ふむふむ、どうやって作るのかな‥。

 

袋の裏を見てみると‥

 

材料は、

 

牛肉こま切れ、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ

 

を入れるのね。

 

作り方は、

 

①具を食べやすい大きさに切って、油で炒める

 

②具に火が通ったら、タレを加えて軽く炒める

 

③火を止めて、めんをほぐして混ぜ合わせる

 

だけね‥。

 

 

ダメだ‥。

 

これじゃできない‥。

 

納得のいく「皿うどん」は、この具材と作り方で、できるはずない‥。

 

 

本来、皿うどんといえば、こういったものであるはずだ。

 

f:id:kirakunist:20191009005942j:plain

(リンガーハット 皿うどん大盛り)

 

その日は、購入を断念して帰りました。

 

その後、何回かそのスーパーを訪れましたが、「焼き皿うどん」は売り切れることなく残っていました。

 

10月に入ったとある日、いつものようにスーパーで「お昼ご飯の素」を探していると、焼き皿うどんに「20円引き」のシールが👀

 

78円から「20円」引いて、58円でいいの?

 

だけど、それじゃあ、申し訳ないよ‥。

 

そう、いいの?

 

じゃあ、いただいていこうかな♡

 

 

こうして、主夫と「焼き皿うどん」が対決する日がやってきました。

 

主婦からは、「あんかけにしとこ~よ~」との声があがります。

 

しかしせっかく、マルタイさんが「晩餐館焼肉のたれ風味」のタレで売り出している以上、あんかけにしたのでは、対決になりません。

 

この対決、いかにしてパリパリ麺の表面を覆って麺を柔らかくするかだな。

 

ということで、具材には、「もやし」と「白菜」と「牛肉」を選びました。

 

では、調理の開始です。

 

フライパンに、具材を入れます。

 

f:id:kirakunist:20191009010123j:plain

 

炒めます。

 

f:id:kirakunist:20191009010204j:plain

 

これだけでも美味しそうです。

 

ソースは、こんなにちっちゃいです。

(だいじょうぶかなぁ‥)

 

f:id:kirakunist:20191009010305j:plain

(※ミンティアより小さいです)

 

フライパンの野菜とお肉にソースを混ぜ合わせます。

 

お皿にパリパリ麺をのせます。

 

f:id:kirakunist:20191009010454j:plain

 

炒めた具材で、このパリパリ麺を覆わなければならない‥。

 

その熱で、パリパリ麺をしんなりなせる必要がある。

 

さあ、どうだ。

 

勝負!

 

 

「焼き皿うどん」の完成です!

 

f:id:kirakunist:20191009010707j:plain

 

う~んっ?

 

(主夫の中華スープは、美味しそうだなぁ‥)

 

パリパリ麺を、ざくざくと崩して、っと。

 

f:id:kirakunist:20191009010914j:plain

 

いただきま~す。

 

お味はどう 👀 

 

うん、パリパリしている。