60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

今日も、いただきます! ~回転しない寿司 「魚べい」 “秋のとろ祭り” これは速っ! 

回転しない寿司 魚べい」の “秋のとろ祭り” に行ってきました。

 

f:id:kirakunist:20191007163316j:plain

 

「魚べい」?

 

なんだろう‥? という方も多いのではと思います。

 

「魚べい」は、株式会社元気寿司が展開する回転寿司チェーンで、「元気寿司」「千両」とともに同社の寿司店ブランドとなっています。

 

店舗数1位の「スシロー」、2位の「はま寿司」、3位の「くら寿司」ほど店舗がないため、知名度においては、一歩劣るかも知れません。

 

「魚べい」は回転寿司チェーンですが、今は、「寿司の回転」を止めたので、「回転しない寿司」になっています。

 

 

回転寿司と初めて出会ったときは、それはもう驚きでした。

 

「寿司」というものを、寿司職人の握る高級和食から、一気に庶民の食べ物に変えたのですから‥。

 

大袈裟に言えば、「食の革命的出来事」であったのではないでしょうか。

 

回転寿司の第一号店は、1958年が始まりのようですが、このころはまだ、今のようなメジャーな存在ではなく、その後20年ほどして、現在の大手チェーンが参入する時代が幕開けしたようです。

 

 

しかし、長く愛されてきた「回転する回転寿司」ですが、高度情報化社会の到来を受け、ここ数年で急速に変化しつつあります。

 

回転寿司でも、10年以上前は、カウンター越しに寿司職人がいて、

 

「すいませ~ん。鉄火巻き3つくださ~い!」なんて注文し、

 

職人からは、「はいよ!」なんて、光景が日常的に見られました。

 

それが、いつしか、タッチパネルでの注文に変わりました。

 

大声で注文する必要がなくなり、ポチポチするだけで、作り立てが届くようになりました。

 

そして、誰もが、回転している「疲れたお寿司」を取るまでもなく、出来立てを入手することができるようになりました。

 

この段階で、「回転寿司」の意義は失われたのかも知れません。

 

回転している寿司は、食べる対象ではなく、「サンプル」的なものとなっているような気がします。

 

前置きがかなり長くなりましたが、「回転寿司」の意義がなくなってきた今、「回転しない寿司」に取り組んでいるのが「魚べい」です。

 

この時期、「秋のとろ祭り」をやっています。

 

f:id:kirakunist:20191007163438j:plain

 

お店に入り、席に着きます。

 

さて、「回転しなくなった回転寿司」は、どのようにして、お寿司を届けてくれるのでしょうか?

 

ヒントです。

 

f:id:kirakunist:20191007163530j:plain

 

(しんかんせ~んっ!)

 

当たりです。

 

魚べいでは、新幹線が、お寿司を届けてくれます。

 

f:id:kirakunist:20191007163957j:plain

 

中層では、レーシングカーが、お寿司を届けてくれます。

 

f:id:kirakunist:20191007164038j:plain

 

注文は、タッチパネルです。

 

f:id:kirakunist:20191007164130j:plain

 

しかも、気の利いたことに、固定式ではなく、タブレットタイプです。

 

これなら、会食者一同で、タブレットを覗きながら、

 

「何にしようか~」と楽しむことができます。

 

 

今日の目的は、「秋のとろ祭り」です。

 

タッチパネルで注文すると、

 

きたぞきたぞ。

 

f:id:kirakunist:20191007164216j:plain

 

よし来いっ!

 

f:id:kirakunist:20191007164241j:plain

 

そらきた~っ!

 

f:id:kirakunist:20191007164308j:plain

 

うわっ、速っ!

 

f:id:kirakunist:20191007164339j:plain

 

これは、ウチのではありませんでした。

 

いけない、いけない‥。

 

新幹線に夢中になりすぎて、お寿司の紹介を忘れました。

 

南まぐろ中トロ 220円です。

 

f:id:kirakunist:20191007164443j:plain

 

とろさばたたきぐんかん 100円です。

 

f:id:kirakunist:20191007164540j:plain

 

鉄火巻き100円です。

 

f:id:kirakunist:20191007164619j:plain

 

うに海苔包み 100円です。

 

f:id:kirakunist:20191007164706j:plain

 

牡蠣フライ  220円です。

 

f:id:kirakunist:20191007164747j:plain

 

美味しかった。

 

ごちそうさまでした。

 

なんか、全体的に安いですよね~。

 

 

回転寿司業界って、メニューの開発からサービスの展開まで、厳しい時代ですね。

 

だけど、やっぱり行きつくとこは「味」でしょう。

 

我が家の回転寿司の味の評価基準は「鉄火巻き」なんですけど、今、いちばん「魚べい」にハマっているんです。