60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

バニラエア搭乗記 ~北海道への節約旅行~

私、飛行機に乗った回数を数えたら、両手でさえ余ります‥ (知らないか‥?)

というよりも、今まで、あんまり遠くに旅行に行ったことがありませんでした。

だから、自分の生活圏以外の景色や生活の風景をあまり見たことがありません。

 

仕事をしていると、どうしても平日を使った遠くへの旅行は難しかった‥。

 

一度きりの人生。

もっと、いろいろな景色や風景を見てみたい‥。

 

定年退職した今、時間はいっぱいあるけど、お金はない。

だけど、元気なうちに、いろいろな所に行ってみたい。

 

ということで、「節約旅行」を実行中です。

 

以前、このブログでも書きましたが、先月、北海道に「節約旅行」をしてきました。

 

www.kirakunist.com

 

神奈川発 2泊3日の北海道旅行を、一人約45,000円の総予算でできた最大の功績者は「バニラエア」でした。

 

LCCで知られるバニラエアですが、更に、Sweet Summer Sale 利用し、かつ、人気のない月曜日成田発、水曜日新千歳空港発を選びました。

 

結果、航空賃は、往路が約6,000円、帰路が約4,720円の合計 約10,720円でした。

 

今回は、そのバニラエアに乗ったときのことを書かせていただきます。

なんせ、飛行機に乗ったのが3年ぶりという人間の「旅行記」ですので、それなりに読み流していただければと思います。

 

出発は、成田空港。

 

バニラエアの出発は、成田空港です。

 

国内便の発着は羽田空港とずっと思っていたのでちょっとびっくり。

まぁ、安さのためなら多少のことはガマン。

東京駅から「東京シャトル」を使えば、前売り900円でラクラクです。

 

f:id:kirakunist:20190802161405j:plain

 

1時間ほどで、成田空港第三ターミナルに到着。

 

f:id:kirakunist:20190802161532j:plain

 

 

チェックインは、ネットで済ませておくと便利。

 

f:id:kirakunist:20190802161613j:plain

 

バニラエアのチケット購入、座席指定、チェックインはすべてネットで済ませておきました。

※座席指定にかかる料金、ウェブチェックインの方法は、バニラエアHPで確認が必要です。

 

当日は、保安検査だけでしたので、すんなり搭乗できました。

 

f:id:kirakunist:20190802161708j:plain

 

f:id:kirakunist:20190802163035j:plain

 

機内は、こんなものかな、といった感じ。

座席周りは、こんな感じでした。

 

f:id:kirakunist:20190802161847j:plain

 

洗面所は、こんな感じでした。

 

f:id:kirakunist:20190802161927j:plain

 

これが、どの程度のものかは、比較する知識がないのでわかりません。

ただ、1時間半のフライトですので、別に、不自由には感じませんでした。

 

安定飛行に入った後はもぐもぐタイム

 

無事、離陸。

f:id:kirakunist:20190802162046j:plain

 

まだ、梅雨だったので視界がよくありませんでした。

 

f:id:kirakunist:20190802162122j:plain

 

まるで絵のようですね。

 

安定飛行に入ると、フライトごはんの時間です。

 

f:id:kirakunist:20190802162203j:plain

 

f:id:kirakunist:20190802162229j:plain

 

欲しい人が、対価を払って購入する。

こうしたシステムは、合理的で好きです。

 

f:id:kirakunist:20190802162309j:plain

 

せっかくなので、人気No.1 のバニラエア特製「とろ~りクリームパン セット」を注文しました。

 

f:id:kirakunist:20190802162353j:plain

 

なんか、こういうのって、ワクワクしますね。

へ~っ。

クリームパンに、バニラマークがついてら‥。

 

f:id:kirakunist:20190802162454j:plain

 

クリームパンで盛り上がっているのは、飛行機に3年ぶりに乗る我が家くらい。

 

皆さん、朝早かったのでしょう。

爆睡していらっしゃいました。

 

そうこうしている間に、約1時間半のフライトはアッという間に過ぎ、無事、新千歳空港に到着しました。

 

f:id:kirakunist:20190802162543j:plain

 

ありがとう、バニラ。 

 

まとめ。

 

成田・新千歳空港間の往復で、約10,720円。

とにかく、格安でした。

 

このチケットは、変更やキャンセルができません。

以前だったら、仕事のこともあり、そうしたチケットを利用することは躊躇しましたが、今はそうした心配はいりません。

 

LCCは搭乗手続きの所要時間や遅延対応などで、ネットでもいろいろな意見もみかけますが、今回は、ほぼスムーズに利用することができました。

 

私が、バニラエアなる航空会社の名前を知ったのは、5月。

今回のセールを知った時でした。

そして、10月には、バニラエアはピーチに統合するとのことです。

 

今後も、よりリーズナブルな料金で運航してくれる会社を利用して、旅を楽しんでいきたいと思っています。