60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

主夫のお昼ご飯。 ~「五木庵 カレーうどん」を試してみた~

やばい…。


北海道旅行でお金を使いすぎた‥‥。

 

生活を「節約」モードに切り替えなければ‥‥。

 

ということで、今日のお昼ご飯は、五木食品の「五木庵 カレーうどん」にしました。

 

f:id:kirakunist:20190715174844j:plain

 

昨年は梅雨明けも早く、7月上旬には、たちまち暑くなりましたか、今年はいまだに梅雨明けの情報は届かず、涼しい日が続いています。

 

今日は特に涼しく感じる日でしたので、「カレーうどん」がちょうどいい陽気でした。

 

さすがに、夏の暑い日に、カレーうどんを食べるのは、ちょっと厳しいですもんね。

 

ところで、五木食品て、本社が熊本市にあるようなんですが、最近、こちらでもいろいろな商品を見かけることが多く、気になる存在になっています。

 

ざるラーメンや熊本黒マー油とんこつラーメンなんてのも見かけたけど、こんど試してみたいと思いました。

 

さて、「五木庵 カレーうどん」ですが、

 

作り方は、簡単。


①袋に入っているうどんを、お鍋に入れた300CCのお湯で1分間茹でる


②その後、そのお鍋に、袋に入っているカレールウを入れ、1分間混ぜる
だけ。

 

そんなんで、おいしくできるのかなぁ~?

 

私、「カレーうどん」にはちょっとうるさいんです。


かつては、昆布・鰹節から出汁をとり、和風カレーうどんを作っていた時期がありました。

 

五木庵カレーうどんの袋の裏側の説明では、

 

「さらに、肉、たまねぎ、人参等を加えますと一層おいしく召し上がれます」と書いてあります。

 

ねぎ入りとは書いてあるけど、写真のようなネギが入っているわけはありません。

 

そりゃそうだよね、ということで、豚肉と長ネギを入れることにしました。

 

では、調理にとりかかりましょう。

 

まずは、お鍋に水を入れて沸騰させます。

 

お水が沸騰したら、うどんを投入します。

 

そこへ、かまわず、豚肉と玉ネギを投入します。

 

うどんが茹ったら、袋に入っていたカレールウを投入しましょう。

 

あとは、1分間、ゆっくり混ぜれば出来上がるのですが、ここで、一工夫します。

 

 

「カレーうどん」の決め手は、出汁なんですよね。


ということで、


○めんつゆ 少々


○にぼし粉 少々


を加えることにします。

 

f:id:kirakunist:20190715175436j:plain

 

具材、調味料が全て入った状態で、1分間、弱火で よくかき混ぜます。

 

1分間経てば、はい、出来上がり。

 

f:id:kirakunist:20190715175509j:plain

 

うわっ! 美味しそう。

 

カレーが、カレーうどんみたいに、和風でとろみがかって見える。

 

どれ、どれ。いただきま~す。

 

あらっ。おいしい…。  これ、ほんとです。

おつゆも、美味しくて残せないよ‥。

 

ごちそうさまでした。

 

片付け担当の主婦も、「お鍋一つでできるので、後片付けが助かる」とのことでした。