60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

<節約旅行> 【旅の終わりに】「(神奈川発)札幌・旭川・富良野・美瑛・小樽 2泊3日の旅」 ★総費用は、約45,000円/1人 でした。

7/11~13と3日間にわたり「節約旅行・北海道の旅」について書かせていただきました。お読みいただいた方、ありがとうございました。

今日は、今回の節約旅行全体を振り返り、終わりにしたいと思います。今しばらくお付き合いいただけたら幸いです。

さて、トップシーズンに入る富良野・美瑛を中心とした北海道への「節約旅行」を思い立ったのは、4月の下旬。LCCと素泊まりホテルを活用した「節約旅行」の構想を5月から練り始め、総費用約45,000円で実現することができました。

節約するところはかなり節約しましたが、その分で、かなり「プチ贅沢」なことも盛り込むことができました。

今回の旅は、「人生の中で初めてのこと」を幾つも経験することができました。

私流ベスト5を振り返ってみたいと思います。

第5位 旭山動物園(特に「ホッキョクグマ」)

「ホッキョクグマ」が水の中を泳ぐ姿を見たのは、今回が初めてです。

猛獣のホッキョクグマが、水の中を愛らしく泳ぐ姿はとてもいい思い出になりました。

旅行をしたときは、小物を思い出として1つ買うようにしていますが、今回の旅では、このようになってしまったことが、印象の強さを物語っています。

f:id:kirakunist:20190713231314j:plain

第4位 小樽・三角市場「味処 たけだ」のホタテ入り味噌汁

これまでの人生で、ホタテ貝が味噌汁の具になるなんて考えてもみませんでした。この味噌汁を見た瞬間、「なんで味噌汁の中にホタテが入っているんだ~っ!」と心から幸せを感じました。

本来の朝食は、日本食派だと思うのですが、長いサラリーマン生活で朝の時間の有効活用から、パン食が基本となっていました。焼き魚とホタテ入り味噌汁の朝食は、まさに感動的出会いでした。

f:id:kirakunist:20190713231440j:plain

第3位 似鳥美術館

ステンドグラスやグラスギャラリーは、ただただ「美しい…」という言葉しか出てきませんでした。梅原龍三郎、岸田劉生、横山大観、東山魁夷、平山郁夫画伯らの作品も一堂に会されていて圧巻でした。

f:id:kirakunist:20190713231609j:plain

第2位 ファーム富田

咲き誇るラベンダーや色とりどりの花々が織りなす景色は、ただただ「美しい…」という言葉しか出てきませんでした。

f:id:kirakunist:20190713231740j:plain

 第1位 美瑛・四季彩の丘

北海道の美しい景気を代表する美瑛の丘。広大な大地をパッチワークのように彩る畑や花は、背景の山々とともに、ただただ「美しい…」という言葉しか出てきませんでした。

f:id:kirakunist:20190713231916j:plain

 

旅の終わりに

今回の旅は「節約旅行」を冠していますが、この旅を振り返れば、人生にとって本当に贅沢な旅でした。

このような旅ができたことに感謝しています。