60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

<節約旅行> 「(神奈川発)札幌・旭川・富良野・美瑛・小樽 2泊3日の旅」【最終日 小樽を巡り、帰路へ】 ★第3日目の費用:約13,000円/人

今回の北海道旅行の最終日は、小樽市内を巡ります。コンパクトな一角に、小樽芸術村、小樽運河、あんかけ焼きそばなど見所、食べ処が凝縮しています。

朝食は三角市場へ

「節約旅行」の基本は、宿は素泊まり。食事は、その土地土地の美味しいものをいただく、というのがコンセプトです。
朝食は、いつもならば、コンビニのパンと牛乳ですが、小樽には美味しい朝食を食べさせてくれるところがあると聞き、行ってみました。
ここ「三角市場」です。

f:id:kirakunist:20190713165609j:plain

狭い道を挟んで、両側に海産物販売店や食堂が所狭しと並んでいます。

f:id:kirakunist:20190713165649j:plain

今日は、「味処たけだ」を訪問します。
お店に入り、メニューを見ると、

f:id:kirakunist:20190713165754j:plain

朝から、焼き魚とご飯なんて、何十年ぶりだなぁ~。

f:id:kirakunist:20190713165906j:plain

海鮮丼も朝からやっているのか~。ゴージャスだなぁ~。

やっぱり、朝は、焼き魚。

ということで、「真ほっけ定食」を注文しました。

焼き魚は、時間がかかるとのことで、待つこと15分位。

「真ほっけ定食」が登場しました。

f:id:kirakunist:20190713170041j:plain

朝食に、焼き立ての魚を食べられるなんて、幸せだなぁ~。

だいたい、みそ汁に「ホタテ」が入っているなんて、こんな幸せはあっていいんだろうか!?

 

ごちそうさまでした。

小樽芸術村を訪問

今日の午前中は、小樽芸術村を訪問します。

小樽芸術村は、似鳥美術館、旧三井銀行小樽支店、ステンドグラス美術館の3館で構成されています。

f:id:kirakunist:20190713170525j:plain

初めに、似鳥美術館を訪問します。

f:id:kirakunist:20190713170616j:plain

1階は、ステンドグラスギャラリーです。

f:id:kirakunist:20190713170656j:plain

f:id:kirakunist:20190713170717j:plain

美しい…。

地下1階は、グラスギャラリーです。

f:id:kirakunist:20190713170814j:plain

美しい…。

 

その他の階には、「日本画、洋画、彫刻、版画など国内外の多彩な芸術を一度に堪能できるコレクション」(パンフレットより)が展示されています。

私は、芸術には疎いため、美術館に行くと途中で飽きてしまうのですが、ここは、日本画で言えば、梅原龍三郎岸田劉生横山大観東山魁夷平山郁夫といった教科書にもでてくる画家の絵がほとんどであり、最後まで楽しむことができました。

これらについては、撮影禁止のため写真はありません。

次に、旧三井銀行小樽支店に行きました。

f:id:kirakunist:20190713171048j:plain

入ってすぐに、プロジェクションマッピングの上映時間でしたので、堪能しました。

f:id:kirakunist:20190713171127j:plain

美しい…。

 

最後に、ステンドグラス美術館に行きました。

f:id:kirakunist:20190713171222j:plain

美しい…。

お昼ご飯は、ご存じ「あんかけ焼きそば」

芸術を堪能した後は、「あんかけ」を堪能します。

今回の旅の目的の2割は、「小樽あんかけ焼きそば」を食べることにあります。

昨年の「秘密のケンミンショー」で紹介され、それを見ていた「あんかけ党」の私はいつかは行かねばなるまい、と思っていました。

訪問したのは、中国料理「好(ハオ)」。

 

f:id:kirakunist:20190713171447j:plain

お店に入り、メニューを見れば、当然、ランチタイムメニューの筆頭に「あんかけ焼きそば」があります。

f:id:kirakunist:20190713173837j:plain

迷うことなく、あんかけ焼きそばセットの大盛りを注文しました。

待つこと、10分ちょっと。

ついに、1年越しの念願であった「小樽あんかけ焼きそば」と対面です。

f:id:kirakunist:20190713173814j:plain

おっ、お~っ!   やっと会えたね!

「中国料理」を標榜しているだけあって、少し上品ではありましたが、小樽あんかけ焼きそばの特徴である、「あん」で「麺」がしっかり隠れていました

ごちそうさまでした。

ノスタルジックな小樽運河・小樽港を散策

 芸術とあんかけ焼きそばを堪能した後は、ノスタルジックな小樽運河・小樽港を散策しました。

小樽港です。

f:id:kirakunist:20190713174214j:plain

小樽運河です。

f:id:kirakunist:20190713175558j:plain

わおっ! ノスタルジック。

小樽を後にして、新千歳空港

これで今回の旅に課されたミッションはコンプリートです。

小樽駅から、エアポートで、新千歳空港に向かいます。

f:id:kirakunist:20190713174436j:plain

帰りは遅くなるので、新千歳空港内で空弁を買い、

f:id:kirakunist:20190713174522j:plain

バニラに搭乗しました。

f:id:kirakunist:20190713174603j:plain

北海道、ありがとう。

いろいろ、素敵なものを見せてくれて。

美味しいものもたくさん食べさせてくれて。

 

成田空港への帰路につきました。

約1時間30分。千葉県の上空です。

f:id:kirakunist:20190713174827j:plain

帰ってきたな…。

 

成田空港、そして家路に。

成田空港からは、「くうこうだい2びる」駅から、JRで家路につきました。

f:id:kirakunist:20190713175104j:plain

「ぷち贅沢」でグリーン車を使いました。

成田エキスプレス並みの快適さです。(…?)

さあ、都心に入る前に、晩御飯のお弁当を食べておこう。

f:id:kirakunist:20190713175137j:plain

本日の費用(1人当たり)

 

○電車・バス賃 約4,000円
○朝食代 三角市場 味処たけだ 真ほっけ定食 1,100円
○昼食代 小樽あんかけ焼きそば 880円 +大盛110円 
○航空賃 約4,720円
○その他 2,190円