60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

歴史・文化・自然

<ぶらり旅>大雄山線で「金太郎のふるさと」へ(南足柄市)

「金太郎」は、日本人に広く知られたキャラクターの一人でしょう。 童謡・唱歌「金太郎」では、 足柄山で、熊に跨りお馬の稽古をしたり、 動物たちと相撲をとったと歌われています。 ♪金太郎 - Kintaro|♪まさかりかついで きんたろう くまにまたがり おうま…

<ぶらり旅> 生麦事件碑(横浜市鶴見区) ~ 日本近代化の幕明けへ

時は幕末、文久2年8月21日(1862年9月14日)。 幕政改革の勅命を幕府に伝える勅使・大原重徳の護衛の任を終え、 江戸を立ち京都へ向かう薩摩藩主の父・島津久光の行列が、 武蔵国生麦村(現横浜市鶴見区生麦)に差し掛かったとき、 騎乗のイギリス人4名が遭…

<ぶらり旅> [後編]湘南発祥の地 “大磯” ~鴫立庵・旧島崎藤村邸

温暖な気候と風光明媚な土地柄から、明治以降、政財界の要人・文化人などが別荘、居を構えた「大磯」。 前編では、明治の元勲たちの旧邸宅、そして穏やかな「こゆるぎの浜」を散策しました。 www.kirakunist.com [後編]では、文化人にスポットを当てて巡り…

<ぶらり旅> [前編]湘南発祥の地 “大磯”~明治記念大磯邸園・こゆるぎの浜

江戸時代、東海道の宿場町として栄えた「大磯」。 温暖な気候と風光明媚な土地柄から、東海道本線の大磯駅が開業した頃から、別荘地として、急速に発展しました。 明治以降、政財界の要人・文化人などが別荘、居を構えたことでも知られています。 今月の3日…

【春の兆しを探しに】 鎌倉 「光則寺」 ~ ロウバイ

突然、関東南部にも雪が降ったと思ったら、一転して暖かい日が続いたり‥ 今年は暖冬といわれていますが、季節は紛れもなく冬。 だけど、暦はもう2月。 春の兆しが、あちらこちらに見られるようになってきました。 天気のいい日を選んで、春の兆しを探しに、…

【紅葉を訪ねて】 鎌倉 「一条恵観山荘」 ~朝廷文化の雅な空間

鎌倉の紅葉シーズンは、11月の下旬から12月の上旬です。 以前から行ってみたいと思っていた紅葉スポットの「一条恵観山荘(いちじょうえかんさんそう)」。 ホームページを見ると、モミジの80%が紅葉しているとのこと。 満を持して、澄んだ冬空の中、紅葉を…

【紅葉を訪ねて】 「大磯城山公園 旧三井別邸地区」 ~悠久の歴史と自然・文化~

神奈川県の紅葉シーズンは、11月の下旬から12月の上旬です。 「大磯城山公園(おおいそじょうやまこうえん) 旧三井別邸地区」では、明日から24日の日曜日まで「もみじのライトアップ」が行われるとの情報が入ってきたので、少し早いかとは思いましたが、気…

【プチ歴史探訪】 報徳二宮神社 ~真面目に歴史に触れようと思っていたのに、やっぱりグルメワールドに迷い込んでしまった話

定年退職後は、食欲や物欲といった煩悩と離れ、歴史や文化に向き合う時間も持つようにしたい。 いろいろ、考えて、探して、巡っていきたいと思います。 ということで、今回は、「プチ歴史探訪」として、二宮尊徳翁(若いときは、二宮金次郎)をお祀りする「…

プチ歴史探訪  ~ 藤澤浮世絵館 「浮世絵と御開帳 相模と江戸の往来」展

藤沢市の辻堂にある「藤澤浮世絵館」で、「浮世絵と御開帳 相模と江戸の往来」展をやっていると聞いたので、行ってきました。 現職時代、とくに退職前の十年ほどは、心にゆとりがなく、歴史や芸術といったものにはほとんど無頓着でした。 そんな呑気なことを…

鎌倉の新しい光のお祭り「かまくら 長谷の灯かり」に行ってきた。

鎌倉の長谷・極楽寺地域の8つの寺社・施設が一斉にライトアップされる鎌倉の新しい光のお祭り「かまくら 長谷の灯(あ)かり」をやっていると聞いたので、昨晩、行ってきました。 ライトアップしているのは、鎌倉大仏殿高徳院、光則寺、極楽寺、収玄寺、長…