60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

ブログ開設1年に想う ~ブロガーバトンをいただいた。

ブログを開設して、1年を経過しました。

1年目に当たる6月頃、この記事を書こうと思いましたが、

正直、今後、このブログをどう運営していこうか展望がないまま、

掲載することは躊躇していました。

 

そんな折、

「飲み友達」のJUNIさん (id:jinkou-kansethu)からブロガーバトンをいただきました(^^)/

f:id:kirakunist:20200709155035j:plain


ちょうどいい機会だったので、記事にまとめてみました。

 

あっ!

もちろん、JUNIさんとはお会いしたことがありません。

昨年の秋?頃でしょうか、夜、お酒を飲みながら、JUNIさんのブログを拝読していて、

酔った勢いで、コメントを送信したところ、JUNIさんも晩酌中ということが分かり、

酔っ払い同士「リモート飲み会みたいですね」と盛り上がったことを楽しく記憶しています。

 

※テンプレートでなく、以下、記述します。

 

目  次

 

ブログを始めた理由

 ブログを始めた理由は、第1号の記事👇に書きました。

 

www.kirakunist.com

 

だけど、この日のアクセスは12😆でしたので目にした方はほんの僅かでしょう。

 

要約すると、定年退職して、これまでできなかった旅行を節約しながらして、新しい出会いと発見をしていきたい、そしてそのことを書いていきたいというものです。

 

ちなみに、アイコンがR2-D2の理由はこちら👇

 

www.kirakunist.com

 

ブログの内容(ジャンル)

当初は、旅行記を書くつもりでしたが、そうそう出かけるわけにもいかず、手持ちネタで3ケ月は毎日更新していましたが、すぐにネタ切れとなりました。

(この期間のものは読み返すと恥ずかしいことが多く、ほとんど削除しました)。

 

ブログを続ける秘訣は、無理のない記事・更新頻度とすることだと思います。

 自分の趣味、日常、仕事などなど、書くことに無理をしない内容を綴れれば負担が少なくなります。

 定年退職して、生活のフィールドが自宅中心となった今、日々のネタは、趣味の「お昼ご飯の調理」ぐらいとなり、いつしか「主夫のお昼ご飯」「主夫のレシピ帖」シリーズが中心となっていました。

 

ちなみに、現在の更新頻度は、3日に1回、アップは20:03 にしています。

 

👇一番お気に入りの記事

 

www.kirakunist.com

  

なぜブログを続けているか

 ブログを始めて、3か月で2割、半年で5割、1年で9割の人がやめてしまうともいわれています。

私の場合、このブログによって生み出される収益は、まったくありません。

一方、拙い記事ではありますが、構成を考え、書いて、書き直してを繰り返すとかなりの時間がかかっています。

それでも、続けているのは、

1 アップするとアクセスいただけること。

記事を読んでいただいて、アクセスが増えたり、スターやブクマコメントやコメントをいただいたりすると素直に嬉しく感じます。

 

2 記事を書くために研究・調査をすること。

たとえば、料理を作るのでも、ブログをやっていなかったら、おそらく毎日同じようなものになってしまうでしょう。

ブログに書いて、読んでくださる方を意識していると、新しいことにチャレンジしてみよう、という気持ちになります。

※焼きそば+麺つゆ= 青森石黒焼きそば

 焼きそば+ミートソース=新潟のB級グルメ

 など、ブログをやっていなかったら、知ることはなかったでしょう。

 (まぁ、知ったところでどうなるわけではないんですけど😅)

 

3 記事を書くために色々調べること。

例えば、料理と絡めて、関連情報も紹介したいと思っているので、いろいろ調べて、それが知識として蓄積されていきます。

また、自分の文章を公開することになるので、日本語としておかしい点がないか、疑問に思ったときは調べるようにしています。

 

4 他のブロガーさんの記事を訪問して、いろいろなことを得られること。

皆さん、旅行、自然散策、食レポ、料理、スポーツ、音楽、芸術、写真、ペット、人生体験、地域の出来事、仕事、株、FX、日常生活(順不同)などなど実に様々なジャンルについて記事を書かれています。

これらを拝読することで、知識を得、癒され、疑似体験をし、感動を共有することができます。

無料で拝読して申し訳ないと思うことさえあります。

ただ、これらも自分がブログの書き手の一員だからこそだと思います。

 

5 これからのブログ運営

旅行記を書くつもりが、料理、食レポ中心のブログに変遷し、細々と更新していますが、いつかネタ切れとなるでしょう。

現職中の仕事の話などを書けば一生凌げそうですが、それはしたくありません。

日常生活中心の記事になっていくでしょうが、私の「お散歩日記」とか「通院日記」が面白いとは思えません😅

持続可能なテーマはなんなのか、今後の展開が楽しみです😆

 

ブログ仲間は色々な人がいてこそ楽しい

ブログを読ませていただき、読んでいただいている方々を「ブログ仲間」と勝手に呼ばせていただくならば、

ブログのジャンルも実に様々、

そして、ブロガーさんも、老若男女、行動的な方からちょっと控えめな方などなど実に様々な方がいらっしゃいます。

 均質ではない、そうした人たちとの交流だからこそ、ブログは楽しいものだと思っています。

 

バトンタッチ募集

ブロガーバトンの発祥を調べた方の記事を拝見すると、始まったのは、6月上旬の様子。

以降、ブロガーバトンに関する記事をしばしば見かけるようになり、

最近では、2巡目、3巡目の様相も呈しているようです。

日ごろ、交流していただいている方は既に回ってきた方も多いでしょうし、

また、どなたがまだ回ってないか知る由もありません。

そこで、バトンは、まだやってなく、やってみたいと思っていらっしゃる方にお渡ししたいと思います。

我こそは、という方は、コメントにてご連絡いただければ、さっそくご指名させていただきます。

お待ちしております。

 

 

主夫のお昼ご飯。 ~ヒガシマル「ちゃんぽんうどんスープ」 これは‥

あのお店に行くと、いつも迷っちゃうんだよね‥。

 

f:id:kirakunist:20200705003642j:plain

 

「ちゃんぽん」にしようか‥。

 

「皿うどん」にしようか‥。

 

f:id:kirakunist:20200705003710j:plain

 

でも、もう大丈夫💛

 

ヒガシマル「ちゃんぽんうどんスープ」

 

f:id:kirakunist:20200705003744j:plain

 

これさえあれば、「ちゃんぽん」「皿うどん」も、

 

いっぺんに食べられちゃいます😲

 

 

んなわけないか‥😆

 

 

とある日、とある100円ショップで見つけたこれ。

 

f:id:kirakunist:20200705003813j:plain

 

百均なので、100円です💛

 

ということで、今回のお昼ご飯は、

 

「ちゃんぽんうどん」です。

 

 

本日のメニュー(目次)

  

「ちゃんぽんうどんスープ」とは

 

兵庫県にあるご存じ「ヒガシマル」。

 

醤油味の「うどんスープ」のテレビCMでおなじみですよね。

 

「ちゃんぽんうどんスープ」は、チキンと鰹をベースにした和風白湯つゆらしいです。

 

100円ショップで、3袋で100円。

 

しかも、フライパン一つで調理も簡単!

 

「ヒガシマル」は、どんな力を見せてくれるのでしょうか🧐

 

楽しみです。

  

調理と実食

 

それでは、早速、調理にとりかかりましょう。

 

「ちゃんぽんうどんスープ」の箱の中身です。

 

f:id:kirakunist:20200705003848j:plain

 

一袋当たり 100円÷3=33.3333333‥円です🤓

 

具材は、「ちゃんぽん」なので、

 

もやし、

 

きゃべつ、

 

にんじん、

 

豚肉、

 

魚介

 

を入れることにしましょう。

 

「カマボコ」はマストですね。

 

具材を塩コショウしながら、フライパンで炒めます。

 

f:id:kirakunist:20200705003926j:plain

 

お湯を入れます。

 

f:id:kirakunist:20200705003950j:plain

 

ヒガシマル「ちゃんぽんうどんスープ」を入れます。

 

f:id:kirakunist:20200705004016j:plain

 

混ぜ合わせます。

 

f:id:kirakunist:20200705004111j:plain

 

うどんを入れます。

 

f:id:kirakunist:20200705004136j:plain

 

2~3分煮込んで、

 

どんぶりによそって、

 

三つ葉をトッピングすれば、

 

「ちゃんぽんうどん」

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20200705004245j:plain

(あらっ、簡単😄)

 

スープです。

 

f:id:kirakunist:20200705004409j:plain

 

カマボコと野菜です。

 

f:id:kirakunist:20200705004437j:plain

 

うどんです。

 

f:id:kirakunist:20200705004500j:plain

 

それでは、スープから、いただきま~す。

 

(ゴキュ)

 

 

あらっ。

 

 

これは‥😲

 

 

リ〇ガーハットみたいだよ💛

 

 

 

ちゃんぽんの白湯スープって、家では再現できないのかと思ってたんですけど、

 

「ヒガシマル」さん、やりますね🤔

 

 

主夫のお昼ご飯。 ~おうちで Sugakiya 「和風とんこつラーメン」 

みなさん、こんばんは~!

 

「スガキヤ」のマスコットキャラクター

 

スーちゃんで~す💛

 

f:id:kirakunist:20200701005303j:plain

 

私には、家族がいます。紹介しますね。

 

ラーパパ。

 

メンママ。

 

そして、私、スーちゃん。

 

弟のーちゃん。

 

犬のー。

 

猫のみゃー

 

 

みんな揃えば‥

 

 

そう!

 

 

ラーメンスープ、うみゃー 😄

 

 

f:id:kirakunist:20200701005503p:plain

 

 (スーちゃん、1958年生まれだって‥。若っ😲)

 

 

とある日、とあるスーパーで出会ったこれ。

 

f:id:kirakunist:20200701005534j:plain

 

今回のお昼ご飯は、

 

Sugakiya「和風とんこつラーメン」です。

 

 

本日のメニュー(目次)🍜

 

Sugakiya「和風とんこつラーメン」

 

Sugakiyaは、名古屋発祥のラーメンチェーンです。

 

東海、近畿、北陸を中心に400店近くの直営店を展開しています。

 

ラーメン一杯330円という激安価格にもかかわらず、美味しいラーメンを提供しています。

 

「和風とんこつラーメン」は、そんな人気の味を家庭でも味わえるという嬉しいラーメンです。

 

とんこつスープに和風だしを加え、あっさりとした中にもコクがあるとのことです。

 

麺はソフトな口当たりとしなやかなコシが特徴らしいですよ。

 

調 理

 

それでは、早速、調理にとりかかりましょう。

 

普段、あまり口にすることのないジャンルのラーメンなので、

 

袋の写真を見て、できるだけ忠実に再現しようと思います。

 

具は、チャーシュー、メンマ、長ネギです。

 

f:id:kirakunist:20200701005837j:plain

 

長ネギは、普段は白い部分を使いますが、今回は緑の部分を使います。

 

これらの具のほかに、目玉焼きをトッピングするようです。

 

普段、ラーメンに目玉焼きをのせる習慣がないので、楽しみです。

 

麺です。

 

f:id:kirakunist:20200701005915j:plain

 

スープの素です。

 

f:id:kirakunist:20200701005940j:plain

 

麺を茹でて湯切りして、

 

スープの中に麺を入れて、

 

具をトッピングすれば、

 

Sugakiya 「和風とんこつラーメン」

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20200701010707j:plain

 (目玉焼きが映えてる😲)

 

実 食

スープです。

 

f:id:kirakunist:20200701010038j:plain

 

麺です。

 

f:id:kirakunist:20200701010111j:plain

 

 

(おとうさんっ!)

 

 

(何バカなことやってんの😤)

 

 

えっ🙄

 

 

だって、スガキヤのラーメンって、

 

「ラーメンフォーク」

 

で食べるのが「通」なんでしょ🤔

 

👇Sugakiya 大垣アピタ店 2019.4撮影 

f:id:kirakunist:20200701010429j:plain

 

では、いただきま~す。

 

(パクッ)

 

うん。

 

 

うみゃ~ (^^)v

 

 

今日も、いただきます! ~鎌倉 Curry Club Cuillere 「骨付き鶏もも肉のバスク風カレー ~揚げ卵添え~

カレーと言えば!

 

 

そう!

 

レトルトカレーですよね♡

 

www.kirakunist.com

 

でも、ホントに美味しいカレー屋さんカレーって、

 

 

やっぱり、美味しいですよね♡

(当たり前か‥😅)

 

 

美味しいお店のカレーって、

 

立体的だし、

 

カレー自体も、深いコクがありますよね。

 

 

今回の「今日も、いただきます!」シリーズは、

 

鎌倉の美味しいカレー屋さん

 

Curry Club Cuillere (カレークラブキュイエール)

 

「骨付き鶏もも肉のバスク風カレー ~揚げ卵添え~」

 

を紹介します。

 

  

本日のメニュー(目次)🍛

  

お店の紹介

【お店の名前】 Curry Club Cuillere (カレークラブキュイエール)

 

【場所】 鎌倉市大船

 

【お店の雰囲気】

 

JR大船駅から、徒歩5分という街中にあるにもかかわらず、

 

ちょっと隠れ家的なカレー屋さんです。

 

f:id:kirakunist:20200323011206j:plain

 

 

なんか、お洒落ですね。

 

 

店内は、テーブル中心のこじんまりとした感じで、清潔感があります。

 


客層は、リピーターと思われる人がほとんどで、女性が多くみられます。

 

女性の多いカレー屋さんて、美味しいんですよね。

 

 

本日のオーダーは、イチオシの

 

「骨付き鶏もも肉のバスク風カレー ~揚げ卵添え~」

 

にしました。

 

 

実食コーナー

お冷を飲みながら、初めてのお店なのでキョロキョロ👀しているうちに、

 

「骨付き鶏もも肉のバスク風カレー ~揚げ卵添え~」

 

の登場です。

 

f:id:kirakunist:20200323011325j:plain

 


う~ん。

 

やっぱり

 

レトルトカレーとは違うなぁ~😅

 

 

カレーのアップです。

 

f:id:kirakunist:20200323011346j:plain

 


う~ん。

 

 

コクがあって美味しそう♡

 

 

チキンです。

 

f:id:kirakunist:20200323011510j:plain


フォークを入れただけで、ホロホロとほぐれてきます。

 

柔らかそうです。

 

 

揚げ卵です。

 

f:id:kirakunist:20200323011536j:plain

 


卵って、プチっとしたくなりますよね。

 

皆さんも、プチっとしたとこ見たいですよね?

 

 

では、

 

 

プチっ‥

 

 

f:id:kirakunist:20200323011616j:plain

 

 

お~ 👏

 

 

ライスにカレーとチキンをのせて、っと。

 

f:id:kirakunist:20200323011642j:plain


では、いただきま~す。

 

f:id:kirakunist:20200323011705j:plain

 


う~ん。

 

 

うまい!

 

 

ホンモノのカレーでした。

 

 

食べ終わってから気付いたこと

食べ終わってから気が付いたんですが‥

 

写真を見て分かりました?

 

 

以前行った金沢カレー「ゴーゴーカレー」の印象が強すぎて

 

カレーをフォークで食べちゃったよ😆

 

f:id:kirakunist:20200323011756j:plain

 


案外、普通のカレーも、フォークだけで食べれるもんですね😄

 

 

主夫のレシピ帖Vol.34 手摘みバジルのベーコンカルボナーラ

ちょっと前、スーパーで買ったバジルの苗。

 

f:id:kirakunist:20200622232135j:plain

 

主夫のレシピ帖Vol.32「朝摘みバジルのジェノベーゼパスタ」

 

でご紹介したバジルの苗です。

 

暑くなってきて、プランターで、ワサワサ繁茂してきました😲

 

こりゃあ、マズいぞ。

 

一生懸命食べなくっちゃ。

 

 

ということで、今回は、

 

主夫のレシピ帖 Vol.34 

 

「手摘みバジルのベーコンカルボナーラ」です。

 

 

前回、書いたように主夫は、バジルをムシャムシャ食べるほどの「バジル」好きではありません。

 

バジルの「爽やかな香り」とちょぴり「ほろ苦さ」の大ファンです。

 

その意味では、濃厚な味のカルボナーラに、

 

アクセントとして、バジルを加えるのは絶妙の相性かも知れません🤔

 

 

そして、考えました。

 

ネーミングをどうするか🙄

 

「朝摘みバジル」は、もう使ってしまいました。

 

料理は、ネーミングで大きく印象が変わりますよね。

 

そうだ💡

 

今度は、「手摘みバジル」にしよっ!

 

手摘みじゃないバジルがあるかは知らないけど、

 

なんか美味しそうでしょ(^^)v

 

 

本日のメニュー(目次)

 

 用意するもの(1人前)

 <全体>

  • スパゲティ‥70g
  • ベーコン‥30g
  • バジル‥4-5枚+トッピング用
  • オリーブオイル‥適量
  • 粗びきこしょう‥少々
  • ゆで汁‥大1

 

<ソース>

  • 卵黄‥1個
  • 生クリーム‥70ml
  • 粉チーズ‥大さじ1
  • 粗びきこしょう‥少々
  • 塩‥少々

 

作り方

 

①ボールに、生クリーム、卵黄、粉チーズを入れ、よく混ぜ合わせ、塩コショウで味を整えます。

 

f:id:kirakunist:20200622232231j:plain

 

これでソースは完成です。

 

f:id:kirakunist:20200622232306j:plain

 

バジルを手で摘んできます。

この際、機械は使わないようにします😆

 

f:id:kirakunist:20200622232329j:plain

 

③バジルを細切りにします。

 

f:id:kirakunist:20200622232353j:plain

 

④フライパンにオリーブオイルをしき、ベーコンを塩コショウしながら炒めます。

 

f:id:kirakunist:20200622232415j:plain

 

④茹でて湯切りをしたパスタを、フライパンに入れ、ゆで汁を加えた後、刻んだバジルを入れてよく混ぜ合わせます。

 

f:id:kirakunist:20200622232449j:plain

 

⑤バジルがしんなりしたら、火を止めてソースを入れ、塩コショウしながら味を整えつつ、よく混ぜ合わせます。

ソースを入れた後に加熱すると、卵が固まって味を損なうので注意しましょう。

 

f:id:kirakunist:20200622232547j:plain


⑥お皿に盛り付け、

 

粗びきこしょうを振りかけ、

 

バジルをトッピングすれば、

 

「手摘みバジルのベーコンカルボナーラ」✨

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20200622232616j:plain

 

食べてみます

 

アップです。

 

f:id:kirakunist:20200622232640j:plain

 

濃厚ソースに粒コショウとバジルがアクセントになっています。

 

それでは、いただきま~す。

 

f:id:kirakunist:20200622232703j:plain

 

(パクッ)

 

うん。

 

 

バジル香るクリ~ミ~な味わい💛

 

 

ワンポイントアドバイス

 

カルボナーラは、卵黄塩漬け肉黒コショウというシンプルな素材がソースの味を決めます。塩とコショウでお好みの味に仕上げてください。

 

・バジルはお好みにより、増減してください。

 

 

【四季を訪ねて】鎌倉 「明月院」 ~ 紫陽花と花菖蒲

緊急事態宣言は解除されたものの依然、3密は避ける生活スタイルが求められています。

 

鎌倉の寺社でも、あじさい鑑賞のための入山を制限しているところが多くありました。

 

今年は、あじさいを観に行くのはムリかな、と思っていましたが、

 

「あじさい寺」として親しまれている明月院では、土日以外は開山しているとのこと。

 

若干、あじさいのシーズンとしては、遅くなった感はありましたが、

 

あじさいを観に、明月院に行ってきました。

 

本日のメニュー(目次)

 

 明月院へ

 

明月院へは、JR北鎌倉駅で降ります。

 

f:id:kirakunist:20200624165002j:plain


 駅を降りて、道沿いに進みます。

 

f:id:kirakunist:20200624165105j:plain

 

シーズンからはやや遅かったせいか、あるいは、まだ外出を控えている人が多いのか、昨年と比べると数十分の一程度の人出でした。

 

約10分ほどで明月院に到着です。

 

f:id:kirakunist:20200624165322j:plain

 

明月院は、臨済宗建長寺派のお寺です。

 

美しい青色のあじさいで有名で、この時期、境内を日本古来の「姫あじさい」約2500本が埋め尽くし、明月院ブルーと呼ばれています。

 

また、あじさい以外にも、一年中花が絶えることなく、美しい紅葉でも知られています。

  

紫陽花を鑑賞

入口は、紫陽花がいっぱいです。

 

f:id:kirakunist:20200624165542j:plain


 拝観料500円を納めて、境内に入ります。

 

境内は至る所、紫陽花で埋め尽くされています。

 

f:id:kirakunist:20200624165859j:plain

 

f:id:kirakunist:20200624165940j:plain

 

山門が見えます。

 

f:id:kirakunist:20200624170033j:plain

 

山門から、参道を振り返ります。

 

f:id:kirakunist:20200624170153j:plain

 

 本堂の近くには、枯山水があります。

 

f:id:kirakunist:20200624170311j:plain

 

うさぎもいました。

 

f:id:kirakunist:20200624170348j:plain

 

本堂(方丈)です。

 

お参りします。

 

f:id:kirakunist:20200624170429j:plain

 

本堂の中に「悟りの窓」と呼ばれる「丸窓」があり、そこから眺める景色はまさに悟りの境地といった感じです。

 

「明月院+丸窓」で画像検索すると、美しい景色がたくさん出てきます。

 

今は、3密を防ぐために、閉じられていました。

 

本堂後庭園

 

本堂裏には、「本堂後庭園」が設けられています。

 

例年、この時期と秋の2回のみ一般公開されます。

 

ここには、入ったことがないので楽しみです。

 

入口で、300円の募金に協力して入ります。

 

f:id:kirakunist:20200624171045j:plain

 

緑に囲まれた静寂の空間が開けていました。

 

f:id:kirakunist:20200624171157j:plain

 

本堂の「丸窓」です。

 

f:id:kirakunist:20200624171300j:plain

 

残念ですが、花菖蒲は、時期を過ぎていました。

 

f:id:kirakunist:20200624171355j:plain

 

数輪、見ることができました。

 

f:id:kirakunist:20200624171433j:plain

  

f:id:kirakunist:20200624171456j:plain

 

「姫あじさい」のさし木です。

 毎年、剪定したものを、さし木にして育て、新旧の交代を図っているそうです。

 

f:id:kirakunist:20200624171902j:plain

 

 

急遽、行ってみた明月院でしたが、

 

明月院ブルーは、まだまだ綺麗でした。

 

紫陽花の頃に、こんなに空いている明月院は初めてです。

 

ゆっくりと鑑賞できる日が、一日も早く来て欲しいものです。

 

 

主夫のお昼ご飯。 ~「のどぐろだし 塩ラーメン」 百万石の味 ♪

醤油、味噌、塩。

 

そして、ときどき、豚骨。

 

あなたは、どのラーメンが好きですか?

 

主夫は、何と言っても「醤油」です😄

 

その次は、「味噌」かな🙄

 

「豚骨」もときどき食べます😏

 

だけど、塩ラーメンは、ほとんど食べません。

 

とある日、とあるスーパーでいきなり🚀出会ってしまいました。

 

f:id:kirakunist:20200620233626j:plain

 

菊水「のどぐろだし塩ラーメン」

 

いつもだったら、「塩ラーメン」は見向きもしない主夫ですが、

 

この時ばかりは、即決で購入した訳とは‥🧐

 

 

ということで、今回のお昼ご飯は、

 

菊水「のどぐろだし塩ラーメン」です。

 

 

本日のメニュー(目次)🍜

  

のどぐろだし塩ラーメンとは

 

加賀百万石の城下町、金沢。

 

👇金沢・武家屋敷跡

f:id:kirakunist:20200620233710j:plain

 

歴史と文化が、脈々と受け継がれています。

 

そして、「のどぐろ」は、そんな金沢の膝元で育ちました。

(※のどぐろは、石川県のみならず日本海側で広く獲れるようです😅)

 

金沢を訪れた人は、必ずと言っていいほど「のどぐろ」を食べたことでしょう。

 

👇「のどぐろと刺身六点盛合せ」 2017.12 於:金沢

f:id:kirakunist:20200620233745j:plain

 

ただ、「のどぐろ」は、高級魚です🐟

 

ちょっぴりしか入っていません。

 

思わず、お店の人に聞いてしまいました。

 

 

すいませ~ん!

 

 

のどぐろって、どれですか~🙄

 

 

みなさんは、どれが「のどぐろ」だか、分かりますか😏

 

 

そして、このラーメンの発売元は、ご存じ「菊水」。

 

北海道のメーカーですね。

 

みなさんも、スーパーでよく見かけると思います。

 

主夫は、「菊水」に一もく置いています。

 

「菊水」「のどぐろ」を使って仕上げた塩ラーメンならば、

 

美味しいに決まっている。

 

これが、普段、あまり塩ラーメンを食べない主夫が即決した理由です😄

(※「国産のどぐろエキス使用」とのことですが産地は不明です)

 

調理と実食

 

「のどぐろだし塩ラーメン」の袋の中身です。

 

f:id:kirakunist:20200620233911j:plain

 

さすが、「菊水」。

 

麺がしっかりしていますね。

 

トッピング具材はオーソドックスなものとしました。

 

f:id:kirakunist:20200620233936j:plain

 

麺を茹でで、

 

添付のスープをどんぶりに入れてお湯で割り、

 

湯切りした麺を投入し、

 

具材をトッピングすれば、

 

「のどぐろだし塩ラーメン」🍜

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20200620234006j:plain

 

スープです。

 

f:id:kirakunist:20200620234033j:plain

 

さすが「のどぐろ」ですね。

 

気品があります。

 

コシの強そうな麺です。

 

f:id:kirakunist:20200620234107j:plain

 

では、いただきま~す!

 

(パクッ)

 

 

うん。

 

 

百万石の味💛

(ほんと かよっ🙄)

 

 

「塩ラーメン」もなかなかあっさりしていて、美味しいですね。

 

今度は、函館「あじさい」の塩ラーメンを食べてみたいな。