60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

<ぶらり旅> 生麦事件碑(横浜市鶴見区) ~ 日本近代化の幕明けへ

時は幕末、文久2年8月21日(1862年9月14日)。

 

幕政改革の勅命を幕府に伝える勅使・大原重徳の護衛の任を終え、

江戸を立ち京都へ向かう薩摩藩主の父・島津久光の行列が、

武蔵国生麦村(現横浜市鶴見区生麦)に差し掛かったとき、

 

騎乗のイギリス人4名が遭遇しました。

 

行列を妨害したとして、薩摩藩士がイギリス人商人リチャードソンを殺害、2名に深手を負わせました。

 

日本の近代史の中では、忘れてはならない「生麦事件」です。

 

NHK大河ドラマ「青天を衝け」の2月14日の第一回放送のオープニングで、

渋沢栄一が、徳川慶喜の馬前に立ち塞がるシーンがありました。

それが文久4年(1864年)とのことです。

時代的には、その頃のイメージです。

 

 

県内での出来事ですが、現場には行ったことがありませんでした。

 

約160年前の出来事ですが、その歴史の一端を手繰ってみました。

 

(※史実・解釈の違いなどがありましたらご容赦ください。)

 

 

目 次

  

生麦事件発生現場・碑

「生麦事件発生現場」は、旧東海道「川崎宿」と「神奈川宿」の間にあります。

 

そして、そこから数百メートル離れて、切られたリチャードソン氏が落命した場所に「生麦事件碑」があります。

 

初めに、事件の発生現場を訪れます。

 

横浜駅から京浜急行で生麦駅に向かいます。

 

f:id:kirakunist:20210211233106j:plain

 

生麦駅に到着です。

 

f:id:kirakunist:20210211233159j:plain

 

ここから徒歩で10分程度です。

 

しばらく行くと、首都高速が見えてきました。

 

f:id:kirakunist:20210211233228j:plain

 

まっすぐ行けば、大黒ふ頭、横浜ベイブリッジはすぐそこです。

 

左折して、「旧東海道」に入ります。

 

当時の面影はありません。

(赤丸辺りが現場かと思われます)

 

f:id:kirakunist:20210211233314j:plain

 

事件現場を示す案内板があります。

 

f:id:kirakunist:20210211233340j:plain

 

案内板です。

 

f:id:kirakunist:20210211233406j:plain

 

160年前の出来事が語り継がれています。

 

 

ここから、「生麦事件碑」に向かいます。

 

来た道を戻り、旧東海道を西へと向かいます。

 

f:id:kirakunist:20210211233514j:plain

 

首都高速を仰ぎ見ます。

 

f:id:kirakunist:20210211233545j:plain

 

なんか、「巨大な競技場」みたいな高速道路ですね。

 

さらに高速沿いの旧東海道を直進します。

 

f:id:kirakunist:20210211233720j:plain

 

左手一帯は、キリンビール横浜工場の緑地帯のようです。

 

すぐ先が、「生麦事件碑」です。

 

高速道路の向こうに「キリン横浜ビアビレッジ」が見えます。

 

f:id:kirakunist:20210211233801j:plain

 

「生麦事件碑」に到着です。

 

f:id:kirakunist:20210211233843j:plain

 

「生麦事件碑」は、リチャードソン氏が落命したこの場所に、明治16年(1883年)に鶴見の黒川荘三氏により建てられたものです。

 

f:id:kirakunist:20210211233917j:plain

 

リチャードソン氏のお墓は、山手の外国人墓地(横浜市中区)にあり、ここは事件を記す「碑」です。

 

薩英戦争

事件を受けて、イギリスは、幕府に対し10万ポンド、薩摩藩に対し2万5千ポンドの賠償金と実行者の処罰を要求しました。

 

翌年、要求に応じない薩摩藩と直接交渉するため軍艦7隻を鹿児島湾に入港させました。

 

f:id:kirakunist:20210211234147j:plain

 (2020.10 節約旅行 鹿児島・桜島へ 以下同じ。)

 

交渉は不調に終わり、文久3年7月2日(1863年8月15日)、薩摩藩船の拿捕をきっかけに、「薩英戦争」が始まりました。

 

f:id:kirakunist:20210211234236j:plain

 

f:id:kirakunist:20210211234258j:plain

 

 

薩摩藩側は大きな被害を受けましたが、イギリス艦隊側も損害を受け、2日後には、鹿児島湾を去りました。

 

日本近代化の幕開け

薩英戦争で、西洋文明の強大さを痛感した薩摩藩は、攘夷から開国へと大きく舵を切ります。

 

薩英戦争から2年後の慶応元年(1865年)には、15名の留学生と4名の使節を、和解したイギリスに派遣しました。

 

鹿児島中央駅前に立つ「若き薩摩の群像」

 

f:id:kirakunist:20210211234345j:plain

 

彼らは、帰国後、日本の近代化に大きく貢献しました。

 

その中の一人が「五大友厚」

 

f:id:kirakunist:20210211234436j:plain

(鹿児島市内)

「西の五代(友厚) 東の渋沢(栄一)」とも言われる実業家です。

 

 

生麦事件は、日本が封建制から近代国家へと大きく変貌する激動の時代に起きた不幸な出来事の一つともいえるでしょう。

 

生麦事件碑の前では、現在も地域の方々らによる追悼祭が行われています。

 

 

主夫のデザート 「ゆうべに苺大福」 ~ 祝!ひな祭り♪

スーパーで再会してしまいました。

 

くまもん と‥。

 

f:id:kirakunist:20210228010358j:plain

 

くまもんは、屈託のない笑顔で訴えます。

 

買っていってよ~🍓

 

つい、カゴに入れてしまいました😄

 

さて、今回は、何を作るか🤔

 

主夫が、スーパーで向かった先は‥。

  

www.kirakunist.com

 

目 次 🍓

  

食材調達

前回は、「白玉」を探しに和菓子売り場に行き、無いので「三色だんご」を買いました。

 

あれから1ヶ月‥。

 

主夫も進化を遂げていました😏

 

買ったのは、「白玉粉」

 

f:id:kirakunist:20210228010534j:plain

 

「白玉」って、自分で作るもんなんですね。

 

そして、井村屋の「つぶあん」。

 

f:id:kirakunist:20210228010607j:plain

 

これって、便利ですね。

 

これらを使って、今回は「苺大福」を作りましょう🍓

 

主夫は、「苺大福」は見たことがありますが、

 

食べたことも、

 

作ったことも一度もありません😅

 

製 作

初めての「苺大福」作りですが、

 

作り方は、「白玉粉」の袋の裏側に書いてあります。

 

f:id:kirakunist:20210228010701j:plain

 

今回は、

「顔出し苺大福」「包み苺大福」二種類を作ります。←ネーミングは思い付きです😄

 

苺を確認します。

 

f:id:kirakunist:20210228011847j:plain

 

苺の葉っぱをとります。

 

f:id:kirakunist:20210228011923j:plain
f:id:kirakunist:20210228011938j:plain

 

耐熱ボールに「白玉粉」と「砂糖」と「水」を入れて、混ぜ合わせます。

 

f:id:kirakunist:20210228010749j:plain
f:id:kirakunist:20210228010808j:plain


ラップしてレンジで加熱し、よく混ぜて、再びレンジで加熱し、再びよく混ぜ、出来た物を、片栗粉にのせます。

 

f:id:kirakunist:20210228010857j:plain
f:id:kirakunist:20210228010915j:plain


粉をよくまぶしながらのばして、適当な大きさに切ります。

 

f:id:kirakunist:20210228011016j:plain
f:id:kirakunist:20210228011038j:plain


「顔出し苺大福」は、皮にあんこをのせ、丸くします。

 

f:id:kirakunist:20210228011141j:plain
f:id:kirakunist:20210228011209j:plain


苺を入れるため、上部を切ります。

 

f:id:kirakunist:20210228011251j:plain

 

ちょっと、変な形で、心配ですね😆

 

 

「包み苺大福」は、苺にあんこを塗り付け、上から皮をのせます。

 

f:id:kirakunist:20210228011433j:plain
f:id:kirakunist:20210228011456j:plain

 

丸い形にすれば、出来上がりです。

 

f:id:kirakunist:20210228011556j:plain

 

作 品

「顔出し苺大福」です。

 

f:id:kirakunist:20210228011631j:plain

  

半分に切った「包み苺大福」です。

 

f:id:kirakunist:20210228011706j:plain



 

出来た😲

 

 

 

明日は、楽しいひな祭り ♪ ですね ✨

 

f:id:kirakunist:20210302140623p:plain

 

 

ぶらり江の島 ~ 東京2020セーリング競技会場

先日、藤沢駅前に車で行った帰りに、江の島に寄ってきました。

 

今まで、何回か江の島を紹介しましたが、島内の紹介は初めてです。

 

江の島島内は、西側が山になっており展望灯台や江島神社などがあり、海岸線は荒々しい岩場となっています。

 

東側は、湘南港が整備されヨットハーバーもあります。

 

今回、行ったのは、湘南港側になります。

 

東京2020では、セーリング競技会場となっている周辺です。

  

 

目 次 ⛵

  

江の島へ

藤沢駅から江の島へは、国道467号線を南に進み、国道134号線を右折します。

 

f:id:kirakunist:20210221234517j:plain

 

国道134号線を左折します。

 

f:id:kirakunist:20210221234544j:plain

 

江の島大橋へと直進します。

 

f:id:kirakunist:20210221234744j:plain

 

橋の上から、三浦半島を望みます。

 

f:id:kirakunist:20210221234825j:plain

 

写真の真ん中辺りの白い突起が「白灯台」、その右側がヨットハーバーです。

  

オリンピック記念噴水池

江の島に入り、「北緑地」から歩いて南側に進むことにします。

 

先ほど通ってきた江の島大橋です。

 

f:id:kirakunist:20210221234908j:plain

 

西側には、鎌倉・逗子方面を望みます。

 

f:id:kirakunist:20210221234940j:plain

 

「北広場」には、「オリンピック記念噴水池」があります。

 

1964年に開催された東京オリンピックでも、ここ江の島がセーリング競技会場でした。

 

その開催を記念して作られたものです。

 

中央に江の島弁財天像、周囲には古代ギリシャの女性像など計5つの像からなっています。

 

f:id:kirakunist:20210221235104j:plain

 

f:id:kirakunist:20210221235131j:plain

 

今まで、江の島には何回も来ていますが、この池のことは知りませんでした。

 

ヨットハーバー

北緑地から南に行きます。

 

「しらす問屋とびっちょ」(海鮮料理店)の本店です。

 

f:id:kirakunist:20210221235205j:plain

 

海鮮料理・海産物店などです。

 

f:id:kirakunist:20210221235239j:plain

 

土曜日の昼時ということもあってか、結構な人出です。

 

左手にヨットハウスが見えてきました。

 

f:id:kirakunist:20210221235331j:plain

 

窓には、1964と2020のマストが飾られています。

 

f:id:kirakunist:20210221235411j:plain

 

手前のヨットの奥がヨットハーバーです。

 

f:id:kirakunist:20210221235455j:plain

 

白灯台(湘南港灯台)

さらに南東に位置する「白灯台」へと向かいます。

 

湘南港の堤防の端にあります。

 

f:id:kirakunist:20210221235532j:plain

 

奥が三浦半島、右側は相模湾です。

 

この日は、海がしけっていました。

 

コロナがなければ、昨年の夏に、この海原でセーリング競技が繰り広げられていたはずでした。

 

f:id:kirakunist:20210221235622j:plain

 

白灯台です。

 

f:id:kirakunist:20210221235701j:plain

 

こんな近くに来たのは初めてです。

 

海は、いいです。

 

 

セーリング競技会場の整備工事は、現在も行われているようです。

 

f:id:kirakunist:20210221235736j:plain

 

新型コロナ感染症、そしてオリンピックは、今後、どのような展開をたどるのでしょうか。

 

 

主夫のレシピ帖 Vol.63 鶏そば ~ 冬のとある想い出 ♪

昨日の春のような暖かさから一転、今日は寒い一日でした。

 

 

在職中は、デスクワークが中心でしたが、外に出ることも時折ありました。

 

まだ、20代の頃、2月の特に冷え込んだ日曜日に外での休日出勤がありました。

 

昼頃には終わったので、芯まで冷えてしまった身体を温めるため、ラーメンを食べに町中華に寄りました。

 

何気なく注文したのが「鶏そば」

 

鶏肉と野菜のあんかけをのせた醤油系ラーメンです。

 

とろ~りとした あんかけに心身ともに生き返った心地がしました。

 

ふと、そのことを思い出して、作ってみました。

 

 

ということで、

 

今回の主夫のレシピ帖は、

 

Vol.63 「鶏そば」です。

 

 

具体的にどんなラーメンだったかは、忘れてしまったので、

 

とろり感を増すために、鶏肉を片栗粉で揚げてみました。

 

平たく言うと、「鶏肉の竜田揚げあんかけラーメン」になります。

 

 

本日のメニュー(目次)🍜

  

用意するもの(1人前)

  • ラーメン…1人分
  • しょうゆラーメンの素…1人分
  • 鶏むね肉‥50g
  • 白菜‥少々
  • チンゲン菜‥1株
  • ニンジン‥少々
  • 水煮筍‥少々
  • きくらげ‥少々
  • サラダ油(揚げ用)‥適量

 <調味料>

[漬込用]

  • しょうゆ‥大さじ1
  • 料理酒‥中さじ1
  • みりん‥小さじ1
  • 砂糖‥小さじ1
  • にんにくチューブ‥1㎝
  • ごま油…適量

[粉]

  • 小麦粉‥適量

[あんかけ用]

  • 水‥100ml
  • 香味ペースト‥小さじ2
  • オイスターソース‥中さじ1
  • しょうゆ‥大さじ1
  • 和風ダシ‥小さじ1/2
  • 砂糖‥小さじ1
  • 味の素‥小1/5
  • ごま油…適量
  • 片栗粉…大1

 

作り方

[鶏竜田揚げ]

①鶏肉を漬込用調味料に20分ほど漬込み、粉をよく付けます。

 

f:id:kirakunist:20210218000056j:plain
f:id:kirakunist:20210218000112j:plain

 

②フライパンにサラダ油を入れて揚げれば、鶏の竜田揚げの完成です。

 

f:id:kirakunist:20210218000248j:plain
f:id:kirakunist:20210218000348j:plain


[あんかけ]

①具材を適当な大きさに切ります。

 

f:id:kirakunist:20210218000434j:plain

 

②フライパンにサラダ油をひいて、具材を炒めた後、

水を入れて沸騰したら、香味ペースト、オイスターソース、しょうゆ、和風ダシ、砂糖を入れてよく混ぜ、

味の素、塩コショウで味を整え、最後に香り付けにごま油を入れます。

 

f:id:kirakunist:20210218000508j:plain

 

③鶏の竜田揚げを入れて軽く煮ます。

 

f:id:kirakunist:20210218000548j:plain

 

④水溶き片栗粉を入れてよく混ぜれば、あんかけの完成です。

 

f:id:kirakunist:20210218000618j:plain

 

[仕上げ]

醤油ラーメンスープに入ったラーメンの上から、

 

あんかけをかければ

 

「鶏そば」✨

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20210218000649j:plain

 

食べてみます

アップです。

 

f:id:kirakunist:20210218000718j:plain


「あんかけ」に浮かんだ鶏肉「あん化」しています。

 

あんかけです。

 

f:id:kirakunist:20210218000811j:plain

 

もう、とろっとろですね😙

 

では、いただきま~す。

 

f:id:kirakunist:20210218000857j:plain

 

 

(パクッ)

 

 

うん。

 

 

若き日の想い出 😅

 

 

家系ラーメン「竜家」 ~ 家系御三家 “六角家” 姉妹店

分散参拝のため伸び伸びになっていた初詣。

 

そろそろと思い、先日行ってきましたが、

 

休日ということもあり、まだまだ参拝者で込み合っていました。

 

その帰り道、お昼ご飯に寄ったのが、家系ラーメンの「竜家」

 

横浜家系ラーメンでも「六角家」に属する店です。

(といっても、普通の人は分からないって‥🙄)

 

 

20年ほど前、オープン間もない「新横浜ラーメン博物館」に行きました。

 

普段食べられない「旭川 蜂屋」「札幌 すみれ」の2店をチョイスし、

(ミニラーメンですよ😅)

 

「六角家」は、次回に見送ってから、20年以上の歳月が流れてしまいました😆

 

 

因縁の「六角家」系ラーメンを初めて食べます。

 

楽しみです💛

 

 

目 次 🍜

  

家系御三家

今や資本系チェーンも現れ、全国区となった家系ラーメンですが、

 

発祥は、現在、横浜市西区で店舗を構える「吉村家」の吉村実氏が考案したものとされています。

 

そして、「吉村家」の第2号店として横浜市西区本牧に出店したのが「本牧家」。

 

その「本牧家」の店主だった神藤隆氏が、横浜市神奈川区の六角橋商店街の近くで創業したのが「六角家」です。

 

神藤氏の離脱により、「本牧家」はその後、経営が変わり、現在の横浜市港南区に移転します。

 

いろいろと複雑な「家内事情」があったようです。

 

「吉村家」「六角家」「本牧家」の三店をもって、「家系御三家」と称する声もあります。

 

家系ラーメンのコアなファンではないので、詳しいことは分かりませんが、

 

それぞれで修業した人が独立し、今や「家系図」がネットに出回っています。

 

今回、行ったのは「六角家」系統の「竜家」です。

 

「六角家」本体は、残念ながら昨年9月に倒産。

 

資本系チェーン店の拡大で、差別化が難しくなったことも一因のようです。

 

かつては破竹の勢いだった「六角家」。

 

ラーメン界も厳しい世界です。

 

お店の紹介

相模國一之宮として長い歴史を持つ「寒川神社」。

 

その寒川神社から約1㎞、JR相模線から約500mの県道沿いに「竜家」はあります。

 

黒と黄色を基調とした目立つ外観です。

 

f:id:kirakunist:20210216234030j:plain

 

注文は、食券方式。

 

f:id:kirakunist:20210216234101j:plain

 

ラーメン700円と「六角家」系の定番「キャベチャー」(100円)を購入します。

 

家系ラーメンの定石である「濃さ・あぶら・ゆでかげん」を選択できます。

 

f:id:kirakunist:20210216234151j:plain

 

全て「ふつう」にします。

 

お店の壁には、「六角家」店主の神藤隆氏の開店祝いが飾ってあります。

 

テーブルの上には、家系ラーメンのマスト味変調味料

「ニンニク」「ショウガ」「トウバンジャン」「酢」が備えてあります。

 

f:id:kirakunist:20210216234238j:plain

 

完璧です。

 

実食コーナー

最初に「キャベチャー」が到着です。

 

f:id:kirakunist:20210216234324j:plain

 

刻んだキャベツとチャーシューに、醤油ダレがかかっています。

 

「六角家」系の定番のようです。

 

続いて、ラーメンが到着です。

 

f:id:kirakunist:20210216234400j:plain

 

「豚骨スープ」にほうれん草海苔トッピングが、家系のマストトッピングです。

 

スープです。

 

f:id:kirakunist:20210216234515j:plain

 

普段見かける家系ラーメンスープに比べると、澄んだ感じです。

 

豚骨をベースにしたスープに鶏油(チーユ)を浮かせています。

 

麺です。

 

f:id:kirakunist:20210216234631j:plain

 

吉村家で使用している酒井製麺のものです。

 

では、いただきま~す。

 

 

(ツルッ)

 

 

うん。

 

 

やっと会えた 💕

 

 

主夫のレシピ帖 Vol.62 海老とホタテのバター風味和風パスタ

冬場のお昼ご飯というと、どうしても

 

「鍋焼きうどん」

 

「あんかけラーメン」

 

片寄っちゃいますよね😄

(主夫家だけでしょ🙄)

 

立春も過ぎて、もう少しで春🌸

 

そろそろ、パスタ料理の感覚を取り戻しておかないと

 

春になったときブログのネタが無くなってしまいます🤔

 

 

ということで、

 

今回の主夫のレシピ帖は、

 

Vol.62「海老とホタテのバター風味和風パスタ」です。

 

 

具材は、贅沢に「海老」「ホタテ」

 

そして、味付けは、「バター」を加えた和風仕立て。

 

オシャレなパスタになりそうな予感です🙄

 

 

本日のメニュー(目次)

  

用意するもの(1人前)

具材

  • パスタ‥70g
  • 海老‥大粒1個
  • ホタテ‥中3個
  • しめじ‥20g
  • にんにく‥1/2片
  • 輪切り唐辛子‥少々
  • イタリアンパセリ‥少々

 調味料

  • バター‥具材炒め用8g、パスタ混ぜ用4g、トッピング用4g
  • 麺つゆ‥大さじ1
  • 和風顆粒だし‥小さじ1/2
  • 味の素‥少々
  • 塩・こしょう‥少々
  • オリーブオイル‥適量

 

作り方

①具材を用意します。ホタテは食べやすいように半分にカットします。

 

f:id:kirakunist:20210214000752j:plain

 

②バターをひいたフライパンで、にんにく、しめじ、輪切り唐辛子を炒めます。

この際、油分が足りないので、オリーブオイルを適量使います。

 

f:id:kirakunist:20210214000900j:plain

 

③しめじにある程度火が通ったら、海老とホタテを追加して炒めます。

 

f:id:kirakunist:20210214000932j:plain

 

④鍋でパスタを茹でた後、湯切りして鍋に戻し、バター、麺つゆ、顆粒だし、味の素を入れてよく混ぜ、塩コショウで味を整えます。

 

f:id:kirakunist:20210214001027j:plain
f:id:kirakunist:20210214001054j:plain

 

⑤お皿にパスタを盛り、

 

炒めた具材をパスタに盛り付け、

 

イタリアンパセリを飾り付け、

 

バターをトッピングすれば、

 

「海老とホタテのバター風味和風パスタ」✨

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20210214001321j:plain

 

食べてみます

海老です。

 

f:id:kirakunist:20210214001349j:plain

 

プリプリしてます。

 

ホタテです。

 

f:id:kirakunist:20210214001421j:plain

 

ピリ辛テイストです。

 

では、いただきま~す。

 

 

(もぐっ)

 

 

うん。

 

 

オッシャレ~ 💕

 

   ・・な気がする🙄

 

 

手作り餃子専門店「餃子伝説」 ~ 海老マヨチャーハン定食

先日、昨年の秋に新規開店した手作り餃子専門店「餃子伝説」に行ってみました。

 

2019年の秋から、神奈川県内で急速に店舗数を拡大している餃子専門店です。

 

餃子以外にも、中華料理を手軽に楽しめる中華ファミレスっぽいお店です。

 

f:id:kirakunist:20210208235501j:plain

 

目 次

  

入 店

お店に入ります。

 

昨今のご時世、マスクをしていないと入れません。

 

待ち構えていたのは、消毒液とサーマルカメラ。

 

f:id:kirakunist:20210208235609j:plain

 

病院と空港では、サーマルカメラの経験がありますが、

 

飲食店でも、そういう時代なんでしょうかね。

 

明るくてきれいな店内です。

 

f:id:kirakunist:20210208235642j:plain

 

席に案内され、メニューを見ます。

 

海老マヨチャーハン(880円)が、「特選おすすめ料理」です。

 

f:id:kirakunist:20210208235719j:plain

 

海老マヨチャーハン定食は、308円の餃子がセットで、990円とお得です。

 

f:id:kirakunist:20210208235926j:plain

 

「あんかけ調理人」である私としては、五目焼きそばも捨てがたい所があります。

 

f:id:kirakunist:20210209002613j:plain

 

思案のしどころです🤔

 

五目焼きそば

待つこと十数分。

 

「五目焼きそば」の到着です。

 

f:id:kirakunist:20210209000036j:plain


ハッキリ言って、

 

いい仕事をしています💕

 

アップです。

 

f:id:kirakunist:20210209000119j:plain

 

あんかけ中華の良し悪しは、一目見れば分かります🧐

 

海老です。

 

f:id:kirakunist:20210209000145j:plain

 

プリップリッしています。

 

焼きそばです。

 

f:id:kirakunist:20210209000219j:plain

 

しっかりと焼いていて、バッチシです。

 

 

では、いっただきま‥

 

 

(いつまでやってんのよ~💢)

 

 

これは奥さんのでした😅

 

さめちゃって、ごめんなさい🙏

 

(後で、少し分けてもらいました😄)

 

海老マヨチャーハン定食

続いて、私のオーダーの「海老マヨチャーハン定食」の到着です。

 

f:id:kirakunist:20210209001359j:plain

 

海老マヨチャーハンです。

 

f:id:kirakunist:20210209001442j:plain

 

海老マヨです。

 

f:id:kirakunist:20210209001520j:plain

 

おっきい海老マヨですが、残念ながら海老本体は1/3位です。

 

でも、衣はサクサクしていて美味しいです。

 

チャーハンは、パラパラです。

 

f:id:kirakunist:20210209001553j:plain

 

餃子です。

 

f:id:kirakunist:20210209001629j:plain

 

綺麗な羽根付きです。

 

では、いただきま~す。

 

f:id:kirakunist:20210209001740j:plain

 

(パクッ)

 

 

うん。

 

 

伝説の味💕

 

 

 

焼きそばのお返しに、餃子を2つ、奥さんに分けてあげました😄