60歳からの節約ライフ(プチ贅沢)

旅行、食べ歩き、日常の日記です。ひと工夫して節約し、その分でいろいろ楽しんでいきたい。ちょっぴり贅沢に。

主夫のレシピ帖 Vol.68 瀬戸内レモンパスタ ~ 爽やかな味わい♪

4月に入ったかと思えば、はや半ば過ぎとなり暖かい日が続くようになりました。

 

爽やかなメニューがふさわしいシーズンですね。

 

日本のレモンの生産量の半分以上は、瀬戸内海に面した広島県産です。

 

そして、しらすの漁獲高が、最も多いのは、兵庫県の瀬戸内海の周辺です。

 

シラス漁は、春に解禁になる所が多く、新鮮なものが出始めます。

 

「瀬戸内レモン」と旬を迎えた「しらす」を使って、

 

爽やかなパスタを作ってみましょう。

 

 

ということで、

 

今回の主夫のレシピ帖は、

 

Vol.68「瀬戸内レモンパスタ🍋」です。

 

 

👇しまなみ海道から望む瀬戸内海(2019.9 節約旅行)

(台風一過、青空がとてもきれいです)

f:id:kirakunist:20210326001132j:plain

 

瀬戸内レモンのふるさとです。

 

 

本日のメニュー(目次)🍋

  

用意するもの(1人前)

<具材>

  • パスタ‥70g
  • 瀬戸内レモン(トッピング用)‥1/2個
  • しらす‥20g ☜パスタのネーミング上瀬戸内海産が望ましいですが、今回は駿河湾産を使用しています😅
  • イタリアンパセリ‥少々

 <レモンソース>

  • 瀬戸内レモン‥1/2個(10ml)
  • オリーブオイル‥20ml
  • 塩‥小さじ1/2
  • こしょう‥少々

 <パスタ味付け調味料>

  • コンソメ顆粒‥小さじ1
  • 塩コショウ‥少々

 

作り方

<レモンソース>

①瀬戸内レモンを用意します。
防カビ剤・ワックス不使用で、農薬も極力抑えられているので安心ですね。

 

f:id:kirakunist:20210326001232j:plain

 

②瀬戸内レモンをトッピング用に5枚薄切りにして、その他を絞ってレモン汁を作ります。
沈んで見えるのは、果実を少し刻んで入れてみました。

 

f:id:kirakunist:20210326001302j:plain

 

③オリーブオイルを加え、塩を入れて混ぜ合わせ、コショウで味を整えれば、「秘伝 瀬戸内レモンソース」の出来上がり。

 

f:id:kirakunist:20210326001329j:plain

 

<レモンパスタ>

①具材を用意します。

 

f:id:kirakunist:20210326001357j:plain

 

②湯切りしたパスタを鍋に戻し、コンソメ顆粒を入れてよく混ぜ、塩コショウで味を整えます。

 

f:id:kirakunist:20210326001427j:plain
f:id:kirakunist:20210326001456j:plain


秘伝 瀬戸内レモンソース」を入れ、よく混ぜ合わせます。

 

f:id:kirakunist:20210326001543j:plain
f:id:kirakunist:20210326001613j:plain

 

<仕上げ>

パスタをお皿に盛り付け、

 

瀬戸内レモンの輪切りを飾り付け、

 

しらすを散りばめ、

 

イタリアンパセリをトッピングすれば、

 

「瀬戸内レモンパスタ」✨

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20210326001658j:plain

 

食べてみます

アップです。

 

f:id:kirakunist:20210326001724j:plain

 

綺麗ですね。

 

瀬戸内レモンと駿河湾しらすです。
できれば、淡路島産しらすが欲しかったですね。

 

では、いただきま~す。

 

f:id:kirakunist:20210326001913j:plain

 

 

(パクッ)

 

 

うん。

 

 

爽やか~🍋

(思ったほど、すっぱくないですよ😄)

 

 

【サンマーメン探訪】神奈川のご当地ラーメンを求めて 「龍味」 ~ 横浜一丁目一番地

神奈川のご当地ラーメン「サンマーメン」の美味しいお店を訪ねる「サンマーメン探訪」。

 

シリーズ第10回は、横浜市西区にある中華料理「龍味」(りゅうまい)です。

 

「龍味」は、横浜駅西口の地下にあります。

 

👇ここの周辺の地下です。

f:id:kirakunist:20210314010554j:plain

 

横浜には、「みなとみらい」や「新横浜」といった核となるエリアがいくつかありますが、

 

機能的にも、歴史的にも、「横浜駅西口」「横浜の一丁目一番地」と言っても過言ではないでしょう。

 

そんな駅チカ地下街にあるにもかかわらず、

 

私の数十年に渡る「サンマーメン人生」の中でも、ベスト10に入るお店だと思います。

 

まさに都市のどまん中にある「町中華」といった感じです。

 

 

多くのグルメ記事を書かれている美食家ブロガーのSS (id:hotaru_spitz)さんも先日、記事にされていました。

hotaru-spitz.hatenablog.com

 

 

目 次 🍜

  

龍味への行き方

「龍味」は、横浜駅西口の地下に広がる地下街の一角にあります。

 

横浜駅の中央通路から行くには、この入口から、地下にもぐるのが一般的かと思われます。

 

f:id:kirakunist:20210314010807j:plain

 

ですが、私は、極度の方向音痴なんです🥺

 

この地下街は、数えきれないほど入りましたが、

 

久々なので、この中に潜ったら絶対に迷子になるでしょう🤔

 

でも、大丈夫!

 

右手に曲がって、駅前ロータリーを回って陸路で行くと

 

秘密🙄の入口があります。

 

f:id:kirakunist:20210314011020j:plain

 

ここから地下に潜ると‥

 

f:id:kirakunist:20210314011055j:plain

 

ほら、着いた😄

 

f:id:kirakunist:20210314011205j:plain

  

お店の紹介

【お店の名前】 龍味(りゅうまい)

 

f:id:kirakunist:20210314011233j:plain

 

【場所】 横浜市西区北幸

【サンマーメンお値段】450円!(税抜き)

 

f:id:kirakunist:20210314011314j:plain

 

【お店の概略】

横浜駅西口の駅前ローターリーのど真ん中の地下街にある老舗中華店です。

 

駅前から地下に入れば、雨にも濡れず行くことができます。

 

横浜最大の商業地・ビジネス街の一つといえる横浜駅西口にあって、一日中客の絶えることのないお店です。

 

人気の秘密は、駅チカというのはもちろん、味の良さ値段の安さにあります。

 

サンマーメンは、元々、もやしを中心として野菜をたっぷりとれるあんかけラーメンを廉価で提供する料理として成立したものなので、抜群な味ワンコインで提供していることは称賛に値します。

 

店内では、サンマーメンを注文する人も多く、その度に「サンマーイガッ!」との店員さんの元気のいい声が響きます。

 

日本人だと思いますが、「イーガ」「リャンガ」のスタイルは、30年以上前に初訪問したときから変わりません。

 

カウンターに座れば、調理人の手際のいい鍋振りも堪能することができます。

 

f:id:kirakunist:20210314011800j:plain

 

実食コーナー

【サンマーメン紹介】

 

f:id:kirakunist:20210314011835j:plain

 

スープは鶏ガラをベースにしたしっかりとした醤油味、味の濃さも申し分なし。

具材は、シャッキシャキのもやしを中心に野菜たっぷり。

あんの作りもほんのり甘く、トロミ加減も申し分なし。

麺は、コシのある中太ストレート面で、強めのあんと見事に絡み合います。

 

あんかけのアップです。

 

f:id:kirakunist:20210314011912j:plain

 

正統派サンマーメンのお手本のようです🧐

 

スープです。

 

f:id:kirakunist:20210314011944j:plain

 

鶏がらベースの醤油スープで、これがまた美味しいんです。

 

麺です。

 

f:id:kirakunist:20210314012017j:plain

 

中太ストレートで、もちもちっとした麺が、あんと絡み合います。

 

 

では、いただきま~す。

 

 

(ツルッ)

 

 

うん。

 

 

どまんなか 🎯

 

 

データ・分析

【麺】中太ストレート麺

【スープ】鶏がら

【あんかけ】

具材       豚肉、もやし、キャベツ、玉ねぎ、ニンジン、ニラ、きくらげ

甘み度   ★★★☆☆

あん強度  ★★★★

ボリューム   ★★★☆☆

 

 

www.kirakunist.com

  

www.kirakunist.com

 

 

主夫のデザート 「苺と白玉抹茶アイスあんこ」 ~ 白玉づくりにリベンジ!

先月のとある日のこと。

 

白玉づくりなんてちょろいもんさ😏

 

と、思っていたら、マリモ化してしまった白玉づくり

 

www.kirakunist.com

 

このままでは、「主夫のデザート」シリーズの存亡にかかわります。

 

捲土重来。

 

「白玉づくり」に再挑戦しました。

 

 

目 次 🍓

  

前回との相違点

前回は、“くまもん”が宣伝部長を務める熊本の「ゆうべに苺」を使用しましたが、

今回は、栃木県で開発された東日本代表の「とちおとめ苺」を使用します。

 

f:id:kirakunist:20210329180844j:plain


そして、前回のバニラアイスに変えて、和スイーツには欠かせない「抹茶アイス」を使用します。

 

マリモ化防止戦略

「白玉」は、白玉粉にほぼ同量の水を加えて練ることによって、白玉化します。

 

前回は、白玉粉に、多めの水を一度に加えたため、白玉化に失敗し、マリモ化してしまいました。

 

👇前回のマリモの写真

f:id:kirakunist:20210329180950j:plain

 

今回は、白玉粉に徐々に水を足しながら練ることにより、白玉化を目指します。

 

作ります

「とちおとめ」を乱切りします。

 

f:id:kirakunist:20210329181049j:plain

 

抹茶アイスとあんこを用意します。

 

f:id:kirakunist:20210329181118j:plain

 

白玉粉を入れたボールにほぼ同量の水を入れますが、

水を一度に入れず、「徐々に入れては練る」を繰り返し、ちょうどよい硬さになるまで繰り返します。

 

前回とは、まるっきり違いますね。

👇左が前回右が今回

f:id:kirakunist:20210329181219j:plain
f:id:kirakunist:20210329181237j:plain


ここまでくれば一安心ですね。

 

手で丸くします。

 

f:id:kirakunist:20210329181347j:plain


お湯で1分ほど茹でた後、冷します。

 

f:id:kirakunist:20210329181422j:plain
f:id:kirakunist:20210329181446j:plain


白玉化している😲

 

器に、白玉をのせて、

 

乱切りした苺と

 

抹茶アイスと

 

あずきを盛り付けて

 

イタリアンパセリをトッピングすれば、

 

「苺と白玉抹茶アイスあんこ」✨

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20210329181624j:plain

 

食べてみます

アップです。

 

f:id:kirakunist:20210329181653j:plain

 

見事な白玉です。

 

「とちおとめ苺」です。

 

f:id:kirakunist:20210329181811j:plain

 

抹茶アイスあずきです。

 

f:id:kirakunist:20210329181857j:plain

 

 

お待たせしました。

 

 

白玉あんこです

 

f:id:kirakunist:20210329182008j:plain


では、いただきま~す。

 

 

(モグッ)

 

 

うん。

 

 

白玉 完成~ 🙌

 

 

主夫のレシピ帖 Vol.67  筍の焦がし醤油炒めとしらすの春めきパスタ ~ブロッコリースプラウト添え

3月下旬から4月上旬にかけて、例年よりも早く桜が一斉に開花し、

ここ3回、さくら巡り旅の記事を書いていたため、「レシピ帖」がすっかりご無沙汰になってしまいました。

 

4月に入って初めての「主夫のレシピ帖」

 

やっぱり、春らしいメニューがいいですね。

 

春の味覚と言えば、「筍」でしょう。

 

ある日突然、地面からひょこり顔を出す姿はかわいいですね。

 

 

ということで、

 

今回の主夫のレシピ帖は、

 

Vol.67「筍の焦がし醤油炒めとしらすの春めきパスタ

  ~ブロッコリースプラウト添え」です。

 (ネーミングが長すぎだって‥🙄)

 

 

ただ、主夫家の猫の額ほどの庭には、竹林が無いので筍がでてきません。

 

スーパーで買えばいいのですが、

「主夫のレシピ帖」のポリシーは、「簡単調理の男メシ」です😏

 

筍の下処理から入ったのでは、ポリシーに抵触してしまいます。

 

そこで今回は、「筍の水煮」を使うことにします🤗

 

そして、今まで「カイワレ大根」しか知らなかった主夫が、

スーパーで見つけた「ブロッコリースプラウト」を初めて使います。

 

 

本日のメニュー(目次)

 

用意するもの(1人前)

具材

  • パスタ‥70g
  • 筍水煮‥適量
  • 釜揚げしらす‥適量
  • ブロッコリースプラウト‥適量

調味料

  • しょうゆ‥小さじ1(筍焦がし用)、大さじ1(パスタ味付け用)
  • 和風顆粒ダシ‥小さじ1/2
  • 味の素‥少々
  • 塩・こしょう‥少々
  • オリーブオイル‥適量(パスタ和え用)

 

作り方

①筍水煮を適当な大きさに切り、フライパンで炙った後、醤油をたらして焦がし、塩コショウ、味の素で味を整えます。

 

f:id:kirakunist:20210409004346j:plain

(主夫は、焦がすのが得意です😆) 

 

②ブロッコリースプラウトを用意します。

これがあのブロッコリーになるとは想像できませんね。

栄養もバッチリのようです。

 

f:id:kirakunist:20210409004431j:plain

 

③トッピング具材が整いました。

 

f:id:kirakunist:20210409004507j:plain

 

④茹でたパスタを湯切りして、お鍋に戻し、醤油、和風顆粒だしとよく混ぜ、味の素、塩コショウで味を整えます。

 

f:id:kirakunist:20210409004533j:plain
f:id:kirakunist:20210409004548j:plain


⑤パスタをお皿に盛り付け、

 

筍を頂上にのせ、

 

釜揚げしらすを散りばめ、

 

ブロッコリースプラウトをパラパラッと振りかければ、

 

「筍の焦がし醤油としらすの春仕立てパスタ ~ブロッコリースプラウト添え」✨

 

の出来上がり!

 

f:id:kirakunist:20210409004643j:plain

 

食べてみます

アップです。

 

f:id:kirakunist:20210409004756j:plain

 

春たけなわ🌸 みたいで、清々しいですね。

 

筍です。

 

f:id:kirakunist:20210409004825j:plain

 

しらすとブロッコリースプラウトです。

 

f:id:kirakunist:20210409004851j:plain

 

では、いただきま~す。

 

f:id:kirakunist:20210409004918j:plain

 

 

(パクッ)

 

 

うん。

 

 

春の味覚💕

(のような気分がする😄)

 

 

<節約旅行>信州三城さくら巡りの旅[最終日] ~ 上田城跡公園・小諸城址懐古園

長い間、一度は巡ってみたいと思っていた信州三城の桜の名所。

 

初日は、「高遠城址公園」に行き、長野駅までやってきました。

 

www.kirakunist.com

 

一泊なので、2日目が最終日になりますが、

 

真田氏の居城であった「上田城跡公園」

 

そして、武田信玄公ゆかりの「小諸城址懐古園」

 

を巡ります。

 

 

目 次 🌸 

  

善光寺参り

せっかく長野駅近くに宿泊したので、「善光寺」に寄って行くことにしました。

 

善光寺は、珍しい「無宗派の仏教寺院」です。

 

時刻は、8時前。

 

空気が清々しく感じます。

 

f:id:kirakunist:20210406232128j:plain

 

本堂です。

 

f:id:kirakunist:20210406232203j:plain

 

お参りします。

 

上田城跡公園

それでは、「上田城跡公園」に向かいましょう。

 

昨日、鈍行列車に乗り過ぎて疲れ気味なので、北陸新幹線を使います。

 

f:id:kirakunist:20210406232238j:plain

 

長野駅-上田駅は、一区間約10分です。

 

上田は、真田氏の上田城の城下町。

 

新幹線を降りると、真田家一色です。

 

f:id:kirakunist:20210406232327j:plain


上田城跡公園は、駅から徒歩約15分です。

 

上田城は、NKK大河ドラマ「真田丸」で一躍有名になりました。

 

少数の真田軍が、圧倒的な大軍の徳川側を戦略で撃退するというのは、痛快至極です。

 

「上田城千本桜まつり」が、規模を縮小して開催されていました。

 

「日本の名城100選」です。

 

東虎口櫓門です。

 

f:id:kirakunist:20210406232409j:plain

 

櫓の隣にあるしだれ桜です。

 

f:id:kirakunist:20210406232440j:plain

 

本丸跡周辺です。

 

f:id:kirakunist:20210406232515j:plain

 

お濠近くに咲く桜です。

 

f:id:kirakunist:20210406232542j:plain

 

桜の花びらが水面に浮いて綺麗です。

 

f:id:kirakunist:20210406232612j:plain

 

小諸城址懐古園

上田城址公園を後にして、駅に戻り、「小諸城址懐古園」に向かいます。

 

小諸へは「しなの鉄道」で行きます。

 

しなの鉄道は、新幹線の開業に伴い、JR信越本線の篠ノ井-軽井沢間が移管され、第三セクターが運営しています。

 

一度、乗ってみたかった電車です。

 

しなの鉄道です。

 

f:id:kirakunist:20210406232657j:plain


小諸駅までは、約20分。

 

駅から徒歩約5分で「小諸城址懐古園」三の門です。

 

f:id:kirakunist:20210406232739j:plain

 

高遠・上田と比べ満開になるのはやや遅いようです。

 

ここは、「日本の名城100選」「桜の名所100選」です。

 

懐古園内の桜です。

 

f:id:kirakunist:20210406232857j:plain

f:id:kirakunist:20210406232911j:plain

f:id:kirakunist:20210406232922j:plain

f:id:kirakunist:20210406232934j:plain

 

 

小諸駅からは、新宿まで高速バスが運行されていますが、

せっかくなので、若かりし頃よく行った軽井沢に立ち寄ります。

 

軽井沢へ

軽井沢駅へは、しなの鉄道で約25分。

 

駅に到着しました。

 

f:id:kirakunist:20210406233028j:plain


駅南口一帯は、西武が開発した一大ショッピングセンターが形成されていました。

 

f:id:kirakunist:20210406233104j:plain

 

ミカド珈琲で、モカソフトを食べていきましょう。

 

旧軽井沢のミカド珈琲の「モカソフト」は、ジョンレノンが愛したことで有名です。

 

f:id:kirakunist:20210406233220j:plain

 

東京・池袋へ

軽井沢駅・北口から西武の高速バスで帰路につきます。

 

f:id:kirakunist:20210406233259j:plain


込み具合は、定員の4分の1くらいでしょうか。

 

f:id:kirakunist:20210406233328j:plain


バス旅も気楽でいいものです。

 

f:id:kirakunist:20210406233454j:plain

 

軽井沢を出て渋滞もあり、約4時間で池袋に到着です。

 

時刻は、土曜日の午後7時頃。

 

凄い人出でした。

 

f:id:kirakunist:20210406233604j:plain

 

 

今回もタイトな日程でしたが、長い間ずっと気になっていた信州三城の桜を観ることが出来て一安心です。

 

そして、飯田線、しなの鉄道にも初めて乗ることが出来ました。

 

長野のみならず全国には、桜の名所がたくさんあります。

 

また、春が来て桜を観に行けたらいいな。

 

 

<節約旅行>信州三城さくら巡りの旅[初日] ~ 天下第一の桜「高遠城址公園」

桜の国・日本に生まれて、一生のうちに観てみたいと思う桜の名所がいくつかあります。

 

長野県伊那市にある「高遠城址公園」の桜もその一つです。

 

山が好きで、長野県には何十回となく訪れました。

 

しかし、高遠城址公園の桜は観に行ったことがありませんでした。

 

桜は年によって開花時期が異なります。

 

そして、天気は晴れでなければなりません。

 

現職時代は、4月上旬は、人事異動で慌ただしい時期。

 

「満開の晴れの日」を狙って桜を観に旅することは不可能でした。

 

 

フリーとなった今、桜の満開日にターゲットを定め、天気予報を眺めつつ、

 

天下第一の桜ともいわれるタカトオコヒガンザクラの群生地「高遠城址公園」

 

真田氏の居城であった「上田城跡公園」

 

そして、武田信玄ゆかりの「小諸城址懐古園」

 

信州を代表する桜の名所を一泊して巡ってきました。

 

  

目 次 🌸

 

 高遠城址公園へ

「高遠城址公園」へは、18きっぷを使って行きます。

 

中央本線で八王子駅から岡谷駅まで行き、飯田線に乗り換えて、伊那市駅に行きます。

 

八王子駅から、中央本線に乗ります。

 

f:id:kirakunist:20210404134156j:plain


ローカル線と路線バスの旅は、乗り継ぎも含めて、とにかく時間がかかります

 

桜を観るのは、6時間後です。

 

途中、沿線の桜を楽しみます。

 

f:id:kirakunist:20210404134240j:plain


桃の花も、時期ですね。

 

f:id:kirakunist:20210404134259j:plain

 

茅野駅でいったん降りて、お昼は信州蕎麦にします。

 

f:id:kirakunist:20210404134318j:plain

 

再び、中央本線で岡谷駅に向かい、飯田線に乗り換えます。

 

飯田線は、昼間は1~2時間に1本です。

 

f:id:kirakunist:20210404134344j:plain

 

家を出てから7時間以上、伊那市駅に着きました。

 

「高遠城址公園」は、まだ先です。

 

バスターミナルに移動し、約20分バスに乗ります。

 

f:id:kirakunist:20210404134445j:plain

 

「高遠バス」停に到着です。

 

f:id:kirakunist:20210404134413j:plain

 

ここから更に徒歩約15分です。

 

てくてく歩きます。

 

f:id:kirakunist:20210404134523j:plain

 

写真中央に見えるピンクの部分が高遠城址公園です。

 

やっとこ、到着しました。

 

f:id:kirakunist:20210404134552j:plain

 

天下第一の桜

高遠城址公園は、城郭自体は残っていません。

 

明治に旧高遠藩士が、「桜の馬場」から桜を移植し、今では有数の桜の名所となっています。

 

高遠小彼岸桜(タカトオコヒガンザクラ)と呼ばれる固有種で、ソメイヨシノよりやや赤みを帯びた淡紅色の小ぶりの花です。

 

約1500本の桜が、春には一斉に咲き誇り、みごとな花景色を演出します。

 

「天下第一の桜」とも称されているようです。

 

4月1日から、感染対策をとった上で規模を縮小して「高遠さくら祭り」が開催されています。

 

入場ゲートです。

 

f:id:kirakunist:20210404134647j:plain

 

桜雲橋(おううんきょう)です。

 

f:id:kirakunist:20210404134709j:plain

 

公園内でも、一番桜が映えるスポットではないでしょうか。

 

橋から望む桜です。

 

f:id:kirakunist:20210404134733j:plain

 

下から、桜雲橋を望みます。

 

f:id:kirakunist:20210404134753j:plain

 

本丸跡周辺です。

 

f:id:kirakunist:20210404134820j:plain


タカトオコヒガンザクラが満開です。

 

f:id:kirakunist:20210404134847j:plain

 

高遠閣です。

 

f:id:kirakunist:20210404134918j:plain

 

高遠閣は、1936年(昭和11年)に建てられた近代和風建築で、国登録有形文化財です。

 

f:id:kirakunist:20210404134948j:plain

 

 

長年、行ってみたいと夢見た「高遠城址公園」の桜。

 

写真で切り取るのは難しいほどのスケールの大きさ、美しさに只々、感動です。

 

 

それでは、宿泊地「長野駅」へと向かいましょう。

 

来た道を戻り、「伊那市駅」に行きます。

 

f:id:kirakunist:20210404135043j:plain

 

時刻は、午後5時頃。

 

伊那名物のローメンが美味しいらしい「うしお」さんは、この近くなのかな、と思いつつ、

夕食は、長野でお蕎麦と郷土料理の馬刺しと決めていたので、飯田線に乗り込みます。

  

長野駅へ

岡谷駅で、中央本線に乗り換え、直通で長野駅に向かいます。

 

f:id:kirakunist:20210404135130j:plain

 

途中、篠ノ井線、信越本線と路線名が変わります。

 

長野駅に到着したのは、午後8時前。

 

お蕎麦と馬刺しを食べに駅ビルに向かうと「準備中」で入れませんでした。

 

長野市では、4月2日から1週間、午後8時以降の営業は自粛とのことでした。

 

夕食難民となってしまいました。

 

f:id:kirakunist:20210404135226j:plain

 

おとなしくコンビニでお弁当を買って、ホテルでいただきました。

 

f:id:kirakunist:20210404135245j:plain

 

 

2日目は、「上田城跡公園」「小諸城址公園懐古園」などを訪ねます。

 

 

<ぶらり旅>御殿場線で山北駅へ ~「桜のトンネル」を撮る

春爛漫。

 

桜の季節がやってきました。

 

桜の名所は、神奈川にもいくつかありますが、県の西部に位置する「山北町」には、ちょっと変わったスポットがあります。

 

横浜市、相模原市に次ぐ面積を誇る「山北町」ですが、大半は山に囲まれた人口約1万の町です。

 

その「山北町」の御殿場線「山北駅」周辺は、

 

春には、桜が咲き乱れ、「桜のトンネル」の下を御殿場線小田急ロマンスカーが走り抜けるという桜の名所となっています。

 

鉄道ファンならずともその美しい景色が観る人々を魅了する場所です。

 

前から一度行ってみたいと思っていた「桜スポット」です。

 

今回は、御殿場線に乗って、「桜のトンネル」を観に行ってきました。

 

 

目 次 🚋

 

 御殿場線

御殿場線は、国府津駅(神奈川県小田原市)と沼津駅(静岡県沼津市)約60㎞を結ぶJR東海の鉄道路線です。

 

1889年(明治22年)に開業した東京と大阪を結ぶ「東海道本線」は、

開業当時は、国府津駅(小田原市)で北へと進路を変え、御殿場、沼津を経由して大坂へと続いていました。

 

1934年(昭和9年)に丹那トンネルの開通に伴い、東海道本線は、小田原・熱海経由に変更され、国府津-沼津間は「御殿場線」となりました。

 

また、御殿場線には、小田急電鉄の新宿発・特急ロマンスカー「ふじさん」が乗り入れ、御殿場までアクセスしています。

 

山北駅へ

国府津駅から、御殿場線に乗ります。

 

f:id:kirakunist:20210401005103j:plain

 

沿線には、のどかな風景が広がっています。

 

f:id:kirakunist:20210401005130j:plain

 

酒匂川を渡ると、まもなく山北駅です。

 

f:id:kirakunist:20210401005200j:plain

 

山北駅に到着です。

 

f:id:kirakunist:20210401005516j:plain

 

御殿場線は、桜の中を沼津へと向かっていきました。

 

f:id:kirakunist:20210401005544j:plain


駅を出て、右側が山北駅舎、左側が町の交流センターです。

2階は、「山北町鉄道資料館」になっています。

真ん中に見える跨線橋を渡って、駅の南口に行きます。

 

f:id:kirakunist:20210401005621j:plain

 

撮影スポットへ

「桜のトンネル」を電車が走り抜ける景色を見ることができるベストな場所は、

線路に架けられた跨線橋の上からです。

 

その跨線橋は、3か所。

 

その撮影スポットへと向かいます。

 

途中に咲く桜は、満開。

 

風に吹かれて花びらが舞っていました。

 

f:id:kirakunist:20210401005755j:plain


駅のすぐそばに、「鉄道公園」があります。

この公園の見ものは、「デゴニ」の愛称で親しまれている蒸気機関車「D52」です。

 

f:id:kirakunist:20210401005831j:plain

 

1944年に製造されたD52は、勾配の激しい御殿場線で活躍しましたが、路線の電化とともに、移設されました。

  

最初の撮影スポットは、この鉄道公園から沼津側に数十メートルのところにある「三良橋」です。

 

f:id:kirakunist:20210401005921j:plain


カメラを構えた人がいます。

 

f:id:kirakunist:20210401005951j:plain

 

さらに、数十メートル行くと車が通れる第二の撮影スポットの「中橋」があります。

 

f:id:kirakunist:20210401010053j:plain


桜の中をさらに数十メートル、西に進みます。

  

f:id:kirakunist:20210401010444j:plain

 

第三の撮影スポットの「人道橋」です。

 

f:id:kirakunist:20210401010907j:plain

 

桜のトンネルを撮る

ここで、電車が来るのを待ちましょう。

 

平日ですが、何人かがカメラを構えて電車の通過を待っていました。

 

時刻は、午後1時近く。

 

この時間帯の御殿場線は、上下線ともに1時間に1本、さらに、上りのロマンスカーが1回通ります。

 

シャッターチャンスは、3回です。

 

沼津方面から来た御殿場線が、橋の下を通り、山北駅の方に向かっていきます。

 

f:id:kirakunist:20210401010937j:plain

 

次は、小田急ロマンスカーが、沼津方面からやってくるはずです。

 

午後のため、順光となる山北方面にカメラを向けて待ちます。

 

シャッターチャンスは、数秒です。

 

ここでヘマをすると、わざわざ来た甲斐も薄れてしまいます。

 

周囲の皆さんも、息を潜めて待っています。

 

(シーン)

 

 

来ました!

 

 

小田急ロマンスカーが、桜のトンネルを山北駅(新宿駅)方面に向かっていきます。

 

(カシャカシャカシャカシャカシャカシャ)

 

(パシャパシャパシャパシャパシャパシャ)

 

 

f:id:kirakunist:20210401011046j:plain

f:id:kirakunist:20210401011110j:plain

f:id:kirakunist:20210401011132j:plain

f:id:kirakunist:20210401141826j:plain

 

 

撮れた~🙌

 

 

あと1回、山北駅から沼津に向かう電車を撮るチャンスがあります。

 

場所を「中橋」に移すことにします。

 

 

待ちます‥。

 

 

来ました!

 

f:id:kirakunist:20210401011356j:plain

 

 ロマンスカーもカッコいいけど、御殿場線も味がありますね。

 

 

 

桜の名所は、数多くあります。

 

それらに共通するのは、「静なる美しさ」が多いかと思います。

 

「静」なる桜「動」の鉄道

 

これも魅力的な景色でした。